エコバツへの取り組み

エコバツマークとは?(エコバツマークの表示と目的)

取るために、付けられた。それがエコバツマークです。

環境問題への意識が高まる中、コクヨでは、環境への取り組みをこれまで以上に強めることを決断。その活動のひとつが2008年度版総合カタログから始めたエコバツマークの表示でした。環境への配慮が十分ではない自社ブランド商品にバツをつける。それはお客さまにとって、商品を選んでいただくときの目安になるとともに、地球環境について考えるきっかけになるように。

またコクヨ社員にとっては、環境に対する意識づけと問題へのスピーディな対応に繋がるものと考えました。さらにエコバツマークを3年間でゼロにして、2011年度版総合カタログからは環境配慮商品を100%にする目標を掲げました。環境への配慮は“当たり前”。そんな基本姿勢のもと、コクヨは全社をあげて環境問題に取り組んでまいりました。

エコバツマーク

エコバツマーク

カタログでの表記

カタログでの表記

ワードバンク

カーソルを赤い下線が引かれている用語の上に合わせると、横に解説が表示されます。

使用例
ページトップへ