コクヨのユニバーサルデザイン

ロン・メイスの7原則

ロン・メイス博士は、アメリカ国内だけでなく、 世界でみとめられた設計者(せっけいしゃ)で、すぐれた教育者でもあります。 彼が中心となって、世界中に呼びかけたのが「ユニバーサルデザイン」の考え方です。 それは、このような7つの提案(ていあん)です。

原則1 公平性

使う人がだれであろうと、公平に操作(そうさ)できること
できるかぎり、すべての人が、いつでもどこでも、同じように使いこなすことができる

原則2 自由度

使用するときの自由度(じゆうど)が高いこと
たとえば、右ききの人でも、左ききの人でも、思いどおりに使える

原則3 カンタン

使い方がとっても簡単であること
ひと目見ただけでも、すぐに使い方が理解(りかい)できるわかりやすい作り

原則4 明確さ

わかりやすい情報で理解しやすい
使う人の知りたいことが、わかりやすくていねいに説明されている

原則5 安全性

使うときに安全、安心であること
うっかりミスで、まちがった使用をしても、できるかぎり危険につながらない

原則6 持続性

使用中からだへの負担が少ない、少ない力でも使用ができること
長い時間使っても、どんなかっこうで使用しても、疲れにくい

原則7 空間性

だれにでも使える大きさ、広さがある
使う人の大きさや、姿勢(しせい)、動きに関係なく、ラクに使いこなすことができる

ロン・メイス博士は、この原則を、製品そのものだけでなく、生活環境(せいかつかんきょう)や、コミュニケーションなど、さまざまな場面にはば広く取り入れるように訴えました。
「ロン・メイスの7原則」にコクヨも大いに賛同し、コクヨ独自の開発要件や、それを評価(ひょうか)するプログラムを作り、日々の製品開発に取り組んでいます。

コンテンツリンク
ユニバーサルデザインとは? ロン・メイスの7原則
コクヨの「1つの原則」と「5つの視点」  
ページトップへ