「コクヨ2018ワークスタイルフェア」開催

~コンセプトは「止まらないオフィスへ。」~

発表日:2017/11/06

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長執行役員:黒田 英邦)は、11月7日から10日の計4日間、当社東京ショールームにおいて、当社のファニチャー商材を中心にした新製品を体感できる「コクヨ2018ワークスタイルフェア」を開催します。


本年フェアは、コンセプト「止まらないオフィスへ。」と題して、あらゆるワークシーンにおいて空間に縛られず、ワーカーが無意識に身体を動かすことで心身が解放され、コミュニケーションやクリエイティビティが高まるオフィス空間とそこでの働き方を展示します。
また今回は、「デスクワーク」に対するネガティブな風潮に対して、長時間座っていても適度に身体を動かすことができるコクヨ独自の画期的な新製品チェアー「ing(イング)」のデビューを中心に、これからの新しいオフィス空間と働き方、つまり“ワーカー一人ひとりが心身ともに健康で、イキイキと楽しみながら働ける環境”を、お客様に体感頂く展示をします。
主な構成は、コンセプトゾーンでの映像展示をはじめ、ファニチャー商材の新製品31品目の紹介、ワーカーのクリエイティビ向上をサポートするステーショナリー商材の提案等、見所多数を用意します。
なおセミナーは、各界一線で活躍される著名クリエーターや企業人、医学博士、僧侶等を招いた各トークセッションや各種セミナー(それぞれ完全事前予約制)を開催します。




○場所:コクヨ東京ショールーム(東京都港区港南1-8-35/品川駅港南口)
○開催日時:11月7日(火)~10日(金) ※全日程10:00~18:00
○対象:当社顧客(完全招待制)
○来場予想人数:8,000人

「コクヨ2018ワークスタイルフェア」の主な展示内容について(コース順)


■ショールーム2階/コンセプト紹介


「止まらないオフィスへ。」のコンセプトを映像で表現します。

■ショールーム5階/「ing」イントロダクション


主力新製品「ing」の世界観を訴求する映像で、その魅力を表現します。

■ショールーム4階/新製品展示


主力新製品「ing」をはじめ、ラウンジ家具5商品や会議テーブル「CALM(カーム)」、会議イス「Spline(スプライン)」、パーソナルロッカー「iNON(イノン)」の計9製品とともに、既売のスクリーンブース「inframe(インフレーム)」、ファブリックスクリーン「stripel(ストライプル)」、新しいワークスタイルの執務環境を提供する家具ブランド「DAYS OFFICE(デイズオフィス)」等、各製品の品揃え強化を紹介します。
また、来場者がワークシーンを一層リアルにイメージして頂くために、ステーショナリー新製品のファイル用品シリーズ「KaTaSu(カタス)」をはじめ、フリーアドレスサポート「mo baco(モバコ)」等を展示します。

■ショールーム3階/新製品展示


ハイエンド向けファニチャー商材として、好評のハイエンドワークステーションシリーズ「SAIBI(サイビ)」や電動昇降テーブルシリーズ「SEQUENCE(シークエンス)」のラインナップ拡充をはじめ、ガラス間仕切り「プランナーウォールRAYS(レイズ)」等、各製品の品揃え強化を紹介します。


※本記載の商品名や内容等は、予告なく変更する可能性がございます。あらかじめご了承ください。

【お問い合わせ先】
コクヨお客様相談室;0120-201-594

ページトップへ