経済産業省の「健康経営優良法人2017」に認定

発表日:2017/02/24

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、健康課題や健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する経済産業省主催の「健康経営優良法人2017」に認定されたことをお知らせします。


「健康経営優良法人2017」は、健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としています。


当社は、『生活習慣病にならない身体づくり』を実現するため、2013年より具体的な健康目標を定め、社内の健康保険組合や健康管理室と連携した健康活動を推進しています。
日々の歩数や体重などを記録し、楽しみながら運動の習慣化を促すキャンペーンや、腰痛予防セミナーを実施しています。また、がん予防対策として、乳がん・大腸がんの受診促進や、健康診断項目の充実化など、社員が自ら健康意識を持って受診できる機会を積極的につくってきました。
さらに、健康管理室で働く産業保健スタッフの拡充や、健康診断結果のデータ化・分析により、フォロー体制の整備と重症化リスクの低減に取り組んでいます。
今後は活動領域をグループ全体に広げ、社員一人ひとりが健康で生き生きと働ける活動を推進していきます。

<ご参考>



ページトップへ