~ビジネス版も初登場・人気のこだわりライフログ手帳~

9/8(木)「ジブン手帳シリーズ2017年版」を発売

発表日:2016/07/25

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、大手広告代理店のクリエイター・佐久間英彰氏がページ制作を監修した、ライフログ手帳「ジブン手帳」シリーズの2017年版を9月8日(木)より発売します。

「ジブン手帳」は、「一年で終わり」ではなく「一生つかえる」手帳をコンセプトに、自分や家族の長期記録を残すライフログ帳「LIFE」、24時間軸で日々の予定や記録を書き綴る「DIARY」、アイデアを書き記す「IDEA」の3分冊からなる新しいスタイルの手帳です。佐久間氏が10年の歳月をかけて制作し、ネットを中心に話題になりました。2013年版から当社で販売を開始し、毎年大変好評をいただいています。
 
2017年版では昨年のラインナップに加え、「ジブン手帳Biz」を発売いたします。
ジブン手帳Bizは、カードや名刺を差し込めるスリットを付けた落ち着いた色味の表紙カバーを採用しており、ジブン手帳の特長である「情報が整理しやすいフォーマット」はそのままに、すっきりとしたシンプルなフォントと色づかいでビジネスシーンでも使いやすい仕様の手帳となります。

ジブン手帳シリーズは、サイズ・色違い含め、全15種類。昨年よりも、さらに充実したラインナップの中からお選びいただけます。

また、ジブン手帳と合わせて使える周辺小物「ジブン手帳Goods」も同時発売いたします。インデックスシール・フィルムふせん・ファスナーケース・下敷きの4種類があり、お持ちのジブン手帳に加えることで、より使い勝手をよくすることが可能です。




○発売予定:2016年9月8日(木)
○メーカー希望小売価格(本体税抜価格):  
ジブン手帳ファーストキット(スタンダードカバータイプ) 3,800円他
ジブン手帳Biz 3,000円他 
ジブン手帳Goods 480円他 
○年間販売目標:3.3億円

【商品の詳細は、下記ホームページでご確認ください。】
http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/jibun_techo/

「ジブン手帳シリーズ2017年版」の特徴


【ジブン手帳 ファーストキット】3冊スタイルのライフログダイアリー

「ジブン手帳」は、3冊をカバーにセットして1冊にまとめて使用します。
「2017(DIARY)」の両側に「LIFE」、「IDEA」の2冊を差し込んで使用することで、3冊が1冊に見えるスタイリッシュな手帳です。目的別に3冊を使い分け、日々のスケジュールだけでなく、自分の夢や目標を書き、そこへ向かって歩む経験を書き記したり、思ったことを書きとめたりすることで、充実した人生を送るサポートにもつながります。




ジブン手帳「2017(DIARY)」

「24時間バーチカルスケジュール」は、ページが24時間軸で構成され、土日も同じサイズのため、様々なライフスタイルの方に使用していただけます。また、ToDoや天気、日の出・日の入り、食事や一日の感想まで記録できます。新たに、一年かけて書き溜めたジブン手帳を振り返りながらまとめられる「今年の振り返り」と、一年間に行った場所の記録ができる「日本地図」のページが追加になりました。
中紙は『にじみ』が少なく、文字などが裏うつりしにくい用紙(トモエリバー手帳用)を採用しています。


ジブン手帳「LIFE」

自分や家族の人生に関わる記録を書き綴ることができるライフログ手帳「LIFE」。「家族5人分の40年間の人生設計表」「通年記念日(誕生日や記念日が書ける365日の記念日表)」「緊急連絡簿」「パスワードヒントリスト」など日常の備忘録としても使える魅力度の高い充実したコンテンツで構成しています。長期保存に適したコクヨオリジナル用紙の「MIO PAPER(澪ペーパー)」を採用しています。

ジブン手帳「IDEA」

グリッド型のガイドで書きやすいメモ帳です。日記帳、ネタ帳、コレクションリスト、読書感想ノート、スケッチノート、議事録など、使い方は無限大です。また、「2017(DIARY)」同様、中紙は『にじみ』が少なく、文字などが裏うつりしにくい用紙(トモエリバー手帳用)を採用しています。当社が運営するアプリCamiApp(キャミアップ)(※)対応で、手軽にデータ化やクラウドへの保存が可能です。
(※)CamiAppとは無料のスマートフォン・タブレット専用アプリで、対応するノートなどを撮影すると、
自動で傾きやゆがみ補正してきれいにデータ化できます。

【ジブン手帳Biz】ビジネスシーンと相性抜群のジブン手帳

「ジブン手帳Biz」は、ジブン手帳の「情報が整理しやすいフォーマット」を生かして、よりビジネスシーンに馴染む仕様に仕上げた新しいダイアリーです。
表紙カバーはビジネスシーンに馴染むスタンダードなブラックとネイビー色を採用し、スリット・ペンホルダーを付けました。中紙には裏うつりしにくく様々なペンで書きやすい「MIO PAPER(澪ペーパー)」を使用。シンプルで落ち着いたカラートーン・読みやすいフォントを採用しています。セット内容は1年間で使う「DIARY」のみです。メモや議事録ノートとして「IDEA」を追加することもできます。




【ジブン手帳Goods】ジブン手帳の使い勝手を上げる周辺小物

ジブン手帳Goodsはジブン手帳にぴったりのサイズ感で使える周辺小物です。インデックスシール・フィルムふせん・ファスナーケース・下敷きの4種類を発売します。




インデックスシール
1~12月分と、主要コンテンツ名が入ったインデックスシールで、良く使うページにアクセスしやすくなります。 全てのジブン手帳に共通して使用できます。※A5スリム、B6スリム(mini)共通1品番を発売

フィルムふせん
バーチカル・マンスリーの幅に合ったサイズのふせんです。未確定の予定記入や、目立たせたいところに貼って使えます。※A5スリム用、B6スリム(mini)用の2品番を発売

ファスナーケース
ジブン手帳カバーの内側ポケットに差し込んで、チケットやカード、シールなどの小物を一緒に持ち歩けます。※A5スリム用1品番を発売

下敷き
ジブン手帳のページにぴったりサイズの下敷きです。適度な硬さと滑らかな書き心地で、筆記跡が次ページにつきません。タブがついていて、しおりとしても使えます。※A5スリム用、B6スリム(mini)用の2品番を発売

【商品の詳細は、ホームページでご確認ください。】 
http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/jibun_techo/

参考 「ジブン手帳」関連書籍


【ジブン手帳公式ガイドブック】ジブン手帳をさらに使いこなすための情報が満載のガイドブック

ジブン手帳ならではのオリジナルコンテンツを使いこなす方法や、ジブン手帳のことがもっと好きになる情報が満載のガイドブックです。26人の方によるジブン手帳の使い方やおすすめポイントを始め、手帳制作者である佐久間英彰氏の手帳道を描いた宮川サトシさんによる描き下ろし漫画なども掲載。充実のラインナップで、ジブン手帳の魅力が全ページにわたって紹介されています。
  
本体価格               1,400円+税
発刊日                2016年8月30日
書籍に関する問い合わせ先  株式会社実務教育出版 販売部(03)3355-1951




佐久間 英彰(さくま ひであき)氏 プロフィール

1974年11月香川生まれ。1999年大手広告代理店に入社。以来コピーライター・CMプランナー・WEBプランナーとして様々な広告に携わり、カンヌ広告祭など数々の広告賞を受賞。学生時代に「TVチャンピオン」(※)第2回文具通選手権で準優勝し、仕事の傍ら、発明心を忘れず文具や宝石箱などのプロダクトを商品化。発明品の一つ、ジブン手帳は2013年版からコクヨS&T㈱より発売、一昨年、グッドデザイン賞を受賞。
(※)「TVチャンピオン」:1992年から2006年まで、テレビ東京系列で毎週木曜日に放送されていた競技型バラエティ番組。




【お問い合わせ先】
コクヨお客様相談室; 0120-201-594

ページトップへ