~ワークスタイル研究の知見から誕生!~

「DAYS OFFICE(デイズオフィス)」を本格販売開始

~コミュニケーション空間が簡単に構成~

発表日:2016/06/29

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田英邦)は、デザイン性と機能性の両面からサポートする家具ブランド「DAYS OFFICE(デイズオフィス)」に、新たに「バウンダリー」シリーズとして、カウンターやシェルフ等の5アイテムを追加し、7月中旬から発売します。

当社「DAYS OFFICE」は、新しいワークスタイルの執務環境を提供するオリジナルブランドとして、昨年12月下旬に第一弾のチェアー3種、テーブル3種を先行発売して以来、好評を頂いています。
今回、新たに「バウンダリー」シリーズとして、コミュニケーションを誘発させる「ビッグカウンター」と「ビッグテーブル」、視線が抜けるデザインの「ウォールシェルフ」、リラックスできる布製の「ワイヤードソファー」、緩やかに仕切りができる「ラダースクリーン」の計5アイテムと、各オプション(ペンダントライト、ラグ、ホワイトボード等)を追加し、コミュニケーション空間構成家具として販売展開します。
当社が蓄積しているワークスタイル研究のノウハウで企画を行い、従来のオフィス概念にとらわれない執務環境を大掛かりな内装工事を伴わずに構成することができます。施工例として、約45坪(148㎡)のオフィス空間のリニューアルの場合、約8時間程度(※)で、コミュニケーション空間の構成が可能です。
また、「DAYS OFFICE」オリジナルの植栽プランターを、フラワーショップ「青山フラワーマーケット」を運営する株式会社パーク・コーポレーション(本社:港区)の空間デザインブランド「parkERs(パーカーズ)」とコラボレーションで企画し、首都圏限定のみでユーザーへ提案します。
(※)当社品川オフィスの一部改装時において、搬入・設置作業時間の事例です。新規電源工事やLAN敷設、床・壁・天井工事等は除きます。

写真:「DAYS OFFICE(デイズオフィス)」の使用イメージ
写真:「DAYS OFFICE(デイズオフィス)」の使用イメージ

○発売予定: 2016年7月中旬
○メーカー希望小売価格(消費税抜): ビッグカウンター(W1,620mm×D600mm、ロータイプ)381,600円~、
                        ビッグテーブル(W2,220mm×D1,200mm、ロータイプ)521,100円~、他各種あり
○年間販売目標: 5億円


「DAYS OFFICE(デイズオフィス)」の特長



「DAYS OFFICE」は、当社が蓄積しているワークスタイル研究のノウハウを生かして誕生した、当社独自の空間構成家具です。
ワークスタイルや空間価値の観点から、従来のオフィス概念にとらわれない執務環境を大掛かりな内装工事を伴わずに構成することができます。
施工例として、約45坪(148㎡)の自社オフィスのリニューアルの場合、約8時間程度(※)の工事で、簡単にコミュニケーション空間が構成できます。「DAYSOFFICE」の世界観の中心をなす「バウンダリー」シリーズをラインナップに追加し、新たなコミュニケーション空間を提案します。
(※)当社品川オフィスの一部改装時において、搬入・設置作業時間の事例です。新規電源工事やLAN敷設、床・壁・天井工事等は除きます。


写真:(左から)自社オフィスの改装前、改装後の事例
写真:(左から)自社オフィスの改装前、改装後の事例
   
   


1.ビッグカウンター


気軽に人が集まり、立ち話のようなフラットなコミュニケーションを誘発します。ビッグカウンターは、ローカウンターを設置することにより、カフェコーナーを構成することができます。

2.ビッグテーブル


ビッグテーブルは、対面や隣接した人同士で、自然と会話が生まれやすい距離感。オプションのペンダントライトや植栽を組み合わせることで、緩やかな境界線を構成します。

写真:(左から)ビッグカウンター、ビッグテーブルの使用イメージ
写真:(左から)ビッグカウンター、ビッグテーブルの使用イメージ
    
    


3.ウォールシェルフ


写真:ウォールシェルフの使用イメージ
写真:ウォールシェルフの使用イメージ
自然と視線が抜けるデザインで、圧迫感のない緩やかな境界線を構成することができます。シェルフの先が垣間見えることで、コミュニケーションのきっかけを誘発します。
また、オーディオ機器等の配線コードを内部に収納できるので、スマートな設置が可能です。


4.ワイヤードソファー


使い方やシーンに合わせて、ソファー同士を連結して配置することができます。グループワークから個人ワークまで、幅広いワークスタイルをサポートし、快適なワークスペースを構成することができます。
バリエーションとして、背面側からの視線を緩やかに遮るパネル付きタイプのソファー、自由な姿勢をサポートするクッション(オプション)等を用意しています。

写真:(左から)ワイヤードソファーの使用イメージ
写真:(左から)ワイヤードソファーの使用イメージ
    
    


5.ラダースクリーン


写真:ラダースクリーンの使用イメージ
写真:ラダースクリーンの使用イメージ
壁を機能的に演出する壁面タイプ、空間を緩やかに仕切る独立タイプを用意しました。
また、ホワイトボードやブックスタンド、ピンナップボード等のオプションを組み合わせ、ミーティングやリフレッシュ等の用途に合わせたシーンを作り出します。


6.グリーンスタイルを提案(※首都圏限定のみ)


写真:植栽プランターの使用イメージ
(※首都圏限定での提案)
写真:植栽プランターの使用イメージ
(※首都圏限定での提案)
「DAYS OFFICE」オリジナルの植栽プランターを、「DAYS OFFICE」と株式会社パーク・コーポレーションの空間デザインブランド「parkERs(パーカーズ)」がコラボレーションで企画しました。
導入からメンテナンスまでを、「parkERs」がサポートし、機能的な植栽で空間をシンプルに彩る、新たなオフィス空間のあり方を、首都圏限定でユーザー向けに提案します。


<ご参考>



名称:株式会社パーク・コーポレーション
設立:1988(昭和63)年12月24日
本社所在地:〒107-0062 東京都港区南青山5-1-2-5F
代表者:井上 英明
年商:約71.5億円(2015年12月期)
従業員数:約730名
事業概要:国内や海外で展開するフラワーショップ「青山フラワーマーケット」を中心に、フラワースクール「ハナキチ」やカフェ「青山フラワーマーケットティーハウス」、空間デザインブランド「parkERs(パーカーズ)」を展開。


■2015年12月発売開始の「DAYSOFFICE」第一弾シリーズ(チェアー3種、テーブル3種)
※「DAYS OFFICE」商品サイト;http://www.kokuyo-furniture.co.jp/products/office/daysoffice/
※2015年12月7日付けプレスリリース;http://www.kokuyo.co.jp/com/press/2015/12/1782.html

写真:「DAYS OFFICE」第一弾シリーズ
(左上からチェアー3種)offset frame、hang like、wood side
(左下からテーブル3種)flip top、pile pipe、wood tilt
写真:「DAYS OFFICE」第一弾シリーズ
(左上からチェアー3種)offset frame、hang like、wood side
(左下からテーブル3種)flip top、pile pipe、wood tilt


【お問い合わせ先】
次のフリーダイヤルあるいはホームページアドレスをご掲載下さい。

コクヨお客様相談室;0120-201-594
コクヨホームページ;http://www.kokuyo.co.jp/

ページトップへ