帳票配信サービス「@Tovas」、タイムスタンプが
「押し放題」になるオプションを低価格(月額3万円~)で提供開始

~電子取引に係るデータの保存をサポート~

発表日:2016/03/16

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
コクヨ株式会社(本社:大阪市東成区、代表取締役社長:黒田 英邦)が提供する帳票配信サービス「@Tovas(アットトバス)」は、セイコーソリューションズ株式会社(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:山本 隆章)が提供する長期署名サービス「eviDaemon(エビデモン)」と連携し、月額3万円からタイムスタンプが「押し放題」となるオプション機能を本日より提供します。これにより、ご利用者様は送信する帳票の通数や枚数の上限を気にすることなく、無制限にタイムスタンプを付与することが可能になります。

企業間の取引に必要な見積書や注文書、請求書などの帳票は、紙によるやりとりが多く、用紙や郵送にかかるコスト、業務負荷が課題となっています。帳票の電子化は、紙によって生じるこれらの業務課題を効率化する手段であり、また2015年の電子帳簿保存法の改正で電子取引データの保存に係る要件が緩和されたことから、その期待はいっそう高まっています。

しかし、電子契約やEDIなどの電子取引システムは「コストが高い」「仕組みが複雑」といった理由から導入が進まないケースも少なくありませんでした。「@Tovas」では、これまでもシンプルに利用できる企業間帳票配信サービスとしてご利用者様の業務をサポートしてきましたが、「電子取引の分野でも@Tovasを活用したい」というニーズの高まりをうけ、タイムスタンプオプションの提供を開始します。

本オプションでは、「@Tovas」のAPIをご利用中のご利用者様に、「eviDaemon」による付与数無制限のタイムスタンプ機能を月額固定料金にて提供します。「eviDaemon」と「@Tovas」は共にクラウドサービスであり、専用サーバや回線が不要なことから、低コストかつ短期で利用開始でき、運用にも手間がかからないことが特長です。価格は「@Tovas」のAPI利用料に加え、クライアントAPIでは月額3万円、サーバAPIは月額5万円にてご提供いたします。

<連携イメージ図>




■タイムスタンプとは
 電子文書の修正や複製がしやすいという特性は、便利であると同時に改ざんが容易で痕跡も残りにくいという脆弱性にもつながります。企業が帳票等の重要な電子文書を紙と同様に扱うには、この問題を解決しなければなりません。
 タイムスタンプは、タイムスタンプに刻印されている時刻以前にその電子文書が存在していたこと(存在証明)と、その時刻以降、該当の文書が改ざんされていないこと(非改ざん証明)を証明するものです。利用者は電子文書に対しタイムスタンプを取得することで信頼性を高め、電子取引や帳票のデータ保管など、様々な場面で電子文書を活用することが可能になります。


■本ソリューション導入によるユーザー様のメリット
1. タイムスタンプ付与数が無制限
 毎月の利用数の上限を気にすることなく、一定の金額でタイムスタンプを利用できます。
 帳票の種類や枚数による送信経路の振り分けが不要で、シンプルなシステム構成を実現します。
2. 低コストで構築可能なクラウドサービス
 サーバ等の機器類、専用線が不要なため、低コスト(※)でのシステム構築が可能です。
 ※標準的なシステム構成(@Tovas連携モジュールとAPIの使用)で、120万円~
3. シンプルな構築、シンプルな運用
 連携モジュールの提供により、ノンプログラミングで既存システムとの接続を実現します。
 サーバ等の機器類を自社で保有する必要がないので、運用にも手間がかかりません。


<製品の詳細について>

■「タイムスタンプオプション」をご利用可能なご利用者様
1. @TovasクライアントAPIをご契約中のお客様
 提供価格6万円/月 (内訳:API利用料3万円/月、タイムスタンプオプション利用料3万円/月)
2. @TovasサーバAPIをご契約中のお客様
 提供価格10万円/月 (内訳:API利用料5万円/月、タイムスタンプオプション利用料5万円/月)
※「タイムスタンプオプション」単体でのご契約はできません
※「@Tovas」を利用したFAX送信、ファイル送信の費用は上記に含みません

■製品紹介セミナー
「タイムスタンプオプション」の詳細をご紹介するセミナーを4月に実施いたします。
セミナータイトル:「請求書など、取引関係書類の電子配信と履歴保存」
日時:2016年4月22日(金)15:00~17:00 (受付開始 14:30~)
会場:コクヨ 東京ショールーム スタジオ
詳細URL: https://www.attovas.com/event/1840.php

<ご参考>

■「@Tovas(アットトバス)」について
300社以上/利用者数20,000人以上(2014年1月現在)が契約・利用する、クラウド上で帳票のFAX、ファイルによる配信を行うサービスです。各種業務システムと柔軟に連携し、帳票配信の自動化による業務効率化とコスト削減をサポートします。セキュリティや情報トレーサビリティ(=情報の授受に関する足跡管理)も確保されており、インターネットサービスでありながら安心・安全な送受信環境を提供しています。
→「@Tovas」ご紹介ページ http://www.attovas.com/

■「@Tovas API」について
ご利用企業様の各種帳票プログラムや業務プログラムと「@Tovas」とのシステム連携を容易に実現するインタフェースです。APIをご利用いただくことで、開発コストを抑えながら、短期間でのシステム構築が可能になります。
→「@Tovas」のシステム連携(API)について http://www.attovas.com/about/#ttl01

■「eviDaemon(エビデモン)」について
業界標準の「XAdES(シャデス)」と「PAdES(パデス)」に準拠した長期署名フォーマットデータを生成、検証できるソリューションです。従来、実装が煩雑だった機能を、すべてクラウドサービスセンター側のアプリケーションサービスとして提供。システム全体の保守性と処理能力の向上およびコスト削減を実現します。
→「eviDaemon」ご紹介ページ https://www.seiko-cybertime.jp/product/evidaemon/


■セイコーソリューションズ株式会社について
・代表取締役社長: 山本 隆章
・設立:2012年12月13日
・資本金:5億円
・本社:千葉県千葉市美浜区中瀬1-8
・URL:http://www.seiko-sol.co.jp/
 セイコーソリューションズ株式会社は、セイコーグループでICT、SIを担う、ソリューションカンパニーです。長年にわたる時計製造の技術と信頼をベースに、情報分野でもいち早く時刻配信、時刻認証を事業化しました。タイムスタンプ関連のサービスはワンストップでお応えしています。


■セイコーソリューションズ株式会社からのエンドースメント
 長期署名クラウドサービス「eviDaemon」は電子データに証憑(エビデンス)を自動で付与する(Daemon)サービスです。付与されるエビデンスは世界標準に準拠していますので、将来にわたって安心してご使用できます。
 この度、コクヨ株式会社様が提供されているクラウドサービス「@Tovas」と連携したことにより利用者の利便性が大幅に改善されました。帳票配信サービス「@Tovas」でやり取りされるさまざまな電子データに、簡単、安価にタイムスタンプが付与されることで情報資産の安全性が向上し、「@Tovas」の付加価値が益々高まることを期待しています。
セイコーソリューションズ株式会社
システムソリューション事業統括部 クロノトラスト部
部長 柴田孝一

【お問い合わせ先】
コクヨお客様相談室; 0120-201-594

ページトップへ