重要データの持ち出しを一目で管理!

USBメモリーボックス<KEYSYS>を発売

マイナンバー管理・情報漏えい対策強化に

発表日:2015/12/02

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、鍵管理用品<KEYSYS(キーシス)>シリーズより、USBメモリーの管理・保管が一括で行える「USBメモリーボックス(キーボックス兼用)」を、12月23日より発売します。

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の導入により、情報のさらなるセキュリティ管理が求められている中、紙媒体以外ではUSBメモリー等の可搬記録媒体による個人情報の紛失事故が多発しています。特に、個人管理が多く、勤務先以外でデータを使用する機会の多いUSBメモリーは、紛失トラブルを未然に防ぐため、管理の徹底が求められています。
今回発売する「USBメモリーボックス(キーボックス兼用)」は、USBメモリーの一括管理・保管を目的としたボックスです。USBメモリーに、付属の専用のキャップとストラップを装着し、見出し部と名札の色と数字を合わせて個々のキーフックにかけることで、持ち出し状況を一目で管理できます。ボックスの開錠は、暗証番号4~8桁の数字で設定・変更できるほか、オートロック式のため鍵のかけ忘れの心配がありません。また、卓上・壁掛けどちらでも使用できるコンパクトな2WAYタイプなので、学校・医療機関・会社など、それぞれのスペースに合わせた保管ができます。
※USBメモリー収容数:32個

写真:USBメモリーボックス(キーボックス兼用)使用シーン、
写真:USBメモリーボックス(キーボックス兼用)使用シーン、
写真:商品本体
写真:商品本体


○発売予定:2015年12月23日
○メーカー希望小売価格(本体税抜価格) : 27,000円
         同     (消費税込)    : 29,160円
○販売目標:23百万円

商品の詳細(特長、仕様、品揃え、価格など)は、下記ホームページでご確認ください。
URL http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/keysys/index.html

【お問い合わせ先】
コクヨお客様相談室; 0120-201-594

ページトップへ