~音を色で見える化~

音の可視化サービス「カラーサウンドモニター」を開始

発表日:2015/12/07

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
コクヨグループのコクヨエンジニアリング&テクノロジー株式会社(本社:東京都品川区/社長:武田 裕)は、執務環境における音環境の改善に向けた、音を色で見える化するサービス(カラーサウンドモニター)を2016年1月下旬から開始します。

騒音や漏洩する音の分析手法では騒音レベルを数値化することが一般的ですが、音の可視化サービスでは、気になる音のレベルを色分けし確認することができます。見える化する色は、強弱を暖色と寒色で表し、各色のレベル感やレンジ幅をユーザーごとに設定できます。同一空間における音レベルの強弱を色で確認することで、音環境への具体的な対応策を検討することが可能になります。コクヨエンジニアリング&テクノロジーでは、この音の可視化サービスを通じて、音環境の改善を提案します。

測定結果イメージ(暖色>寒色)
測定結果イメージ(暖色>寒色)


○サービス開始予定:2016年1月下旬
○販売(提供)価格 :200,000円(消費税抜) ※一測定あたり、最大4m×3m
○年間販売目標:1千万円

※本記載のサービス内容等は、予告なく変更する可能性がございます。あらかじめご了承ください。

【お問い合わせ先】
コクヨお客様相談室; 0120-201-594

ページトップへ