電動昇降テーブルシリーズ「SEQUENCE(シークエンス)」を発売

~オフィス景観の美しさを保ち、ワーカーの働きやすさをサポート~

発表日:2015/12/07

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、オフィス景観の美しさを保ち、ワーカーの働きやすさをサポートする上質な電動昇降テーブルシリーズ「SEQUENCE(シークエンス)」を、2015年12月7日より発売します。

近年、人材の多様化が進む中で、習慣や体格の異なるワーカーが同じ場で生き生きと働けるオフィス環境が求められています。座る時は自分の最適な高さにでき、発想を変えたい時や少し疲れたときは立っても仕事ができる。今回発売する「SEQUENCE(シークエンス)」は、そうした一人ひとりの自由自在な動きに対応しながらも、オフィス空間の整然とした美しさを保つことができる電動昇降テーブルシリーズです。天板の高さは、630mmから1290mm間で目的に合わせて調節することが可能です。

写真:電動昇降テーブルシリーズ「SEQUENCE(シークエンス)」イメージ
写真:電動昇降テーブルシリーズ「SEQUENCE(シークエンス)」イメージ



○発売予定:2015年12月7日
○メーカー希望小売価格(本体税抜価格):オープン価格
○年間販売目標 :3億円

電動昇降テーブルシリーズ「SEQUENCE(シークエンス)」の特長


1.昇降テーブルでもまとまりのある空間を創造できるデザイン


昇降テーブル本体のサイズバリエーションは、一般執務席に適した「スタンダードテーブル(奥行き700mm用)」「ウイングテーブル(奥行き800mm用)」と、マネージャー個室や立ち姿勢でのミーティングに適した「ミーティング用テーブル(奥行き900mm)」をご用意しました。
天板エッジは、舟底エッジとソフトエッジの2種類。パネル形状は、固定式と天板追従式の2種類です。
また、天板カラーはシンプルなホワイトと、高級感のある木目4色の5色展開。張り地は、2グレードの15色展開といずれも素材・形状の細部にまでこだわり、上質な空間にも合う幅広いバリエーションをご用意しました。「SEQUENCE」は、既存ワークスーションシリーズとのデザインの親和性が高く、オフィス空間を美しく統一したデザインで構築することができます。

左:スタンダードテーブルと、固定式のワイヤリングパネルを使った執務空間のイメージ
左:スタンダードテーブルと、固定式のワイヤリングパネルを使った執務空間のイメージ
右:マネージャー/ミーティング用テーブルとディスプレイ台を使ったマネージャー個室のイメージ
右:マネージャー/ミーティング用テーブルとディスプレイ台を使ったマネージャー個室のイメージ


2.立位ワークの快適性を高めるサポートアイテム


立位ワークのしやすさに関する検証を重ね、長時間の立位ワークや昇降操作時のサポートアイテム各種をご用意しました。立位姿勢では、通常の高さのワゴンが使いづらくなります。天板と同時に上下昇降する4つの収納類があれば、収納物にアクセスしやすく、机上面を広く使うことができます。




3.安心・便利な昇降テーブルの基本機能


【インジケーター&メモリー機能付きコントローラー】
電動昇降テーブルは、H630~1290mmの間で目的に合わせた高さ調整ができます。
昇降操作のためのコントロールパネルは、高さ表示機能と、好みの高さを3つ記憶できるメモリー機能付きです。

【はさみ込み防止機能】
昇降操作中に天板やフロントパネル、サイドパネルが障害物に接触して一定の負荷がかかると、はさみ込み防止機能が働き、自動的に約30mm戻る安全機能を搭載しています。

※本記載の商品外観や仕様等は、予告なく変更する可能性がございます。あらかじめご了承ください。

コクヨお客様相談室; 0120-201-594

ページトップへ