~2枚のICカードを一緒に携帯~

吊り下げ名札セット(カードプロテクトタイプ・2つ折り)<アイドプラス>を発売

発表日:2015/05/25

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
コクヨグループのコクヨS&T株式会社(本社:大阪市/社長:八十 卓司)は、重ねて使うと読み取りエラーを起こしやすい非接触型ICカードが2枚一緒に携帯できる吊り下げ名札セット(カードプロテクトタイプ・2つ折り)<アイドプラス>を、6月10日から発売します。

近年、利便性とセキュリティ意識の高まりにより、ICカードの普及が広がっています。カードをかざすだけで情報が読み取れる非接触型ICカードは、定期入れや名札用ケースから取り出さずに使用でき、公共交通機関系ICカードやテナントビル入館カードなど公的な利用から、ロッカーの施錠管理やパソコンのログイン、コピー機の利用など企業内での利用に至るまで一人で複数枚所持・使用するシーンが増えています。しかし非接触型ICカードは重ねて使用すると読み取りエラーが起きることがあり、収容するケースを分けなければいけない不便さが発生することもあります。
今回発売する吊り下げ名札セット(カードプロテクトタイプ・2つ折り)<アイドプラス>は、広げて1枚のカードだけをかざすことによりカード同士の干渉を防ぎ、読み取りエラーが起きにくくなります。2つ折りのため個人名や会社名が記載されたカード面を内側に納めることができ、プライバシーが守りやすくなります。

写真:吊り下げ名札セット(カードプロテクトタイプ・2つ折り)<アイドプラス>
写真:吊り下げ名札セット(カードプロテクトタイプ・2つ折り)<アイドプラス>


○発売予定:2015年6月10日
○メーカー希望小売価格(消費税抜):名札用ケース・吊り下げ紐セット 350円
          同     (消費税込):       同            378円
○年間販売目標 :2,000万円

吊り下げ名札セット(カードプロテクトタイプ・2つ折り)<アイドプラス>の特長


1.非接触型ICカードが2枚一緒に携帯できる


非接触型ICカードは読み取り機にかざすことで情報利用を行うため、重ねて使用すると読み取りエラーを起こす可能性が高くなります。
 今回の吊り下げ名札セットは収容部分が2箇所あり、普段は折りたたんで1枚分の名札用ケースの大きさですが、読み取り機にかざす際に広げることで読み取りエラーを起こしにくくします。吊り下げ名札を2個使用したり、1つのケースからいちいちカードを取り出す手間が必要ありません。ICカードの間に挟んで相互の読み取りエラーを抑制するセパレーターを使用するよりも、シンプルな構造で安価にユーザーの不満を解消しました。

2.プライバシーを守りやすい構造


吊り下げ名札ユーザーは日中、社外においても名札をそのまま首にかけていることが多く見受けられます。2つ折りの吊り下げ名札セットを使うことで個人名や会社名など人にあまり見られたくないカード面を内側にセットできるので、プライバシーが守りやすくなります。ビル入館時など個人情報の提示が必要な場合は広げて内側の面を簡単に見せることができます。




3.カードを破損から守る透明プロテクター入り


大切なICカードを保護し、提示するときに邪魔にならない透明プロテクターが入っています。カード挿入口にはカードの落下を抑制するフラップが2箇所についています。




写真:(左から)ナフ-SP195B・D・R
写真:(左から)ナフ-SP195B・D・R




吊り下げ名札セット(カードプロテクトタイプ・2つ折り)<アイドプラス>

品番メーカー希望
小売価格(税抜)
仕様カード寸法(mm)
ナフ-SP195B350円名刺・IDカード用56・91
ナフ-SP195D
ナフ-SP195R
ナフ-SP195-10B3,300円名刺・IDカード用・
10個パック
ナフ-SP195-10D
ナフ-SP195-10R
●材質/ケース:R-EVA、プロテクター・ひも:R-PET、フック:POM、
 調節パーツ・事故防止パーツ:PC
◆ケース色/透明、ひも色/B・・・青、D・・・黒、R・・・赤

ソフトケース(カードプロテクトタイプ・2つ折り)<アイドプラス>

品番メーカー希望
小売価格(税抜)
仕様カード寸法(mm)
ナフ-SPC195250円名刺・IDカード用56・91
ナフ-SPC195-102,300円名刺・IDカード用・
10個パック
●材質/ケース:R-EVA、プロテクター:R-PET
◆ケース色/透明

【お問い合わせ先】
コクヨお客様相談室; 0120-201594

ページトップへ