ハイエンドワークステーションシリーズ「SAIBI(サイビ)」を拡充

~オフィス空間全体を構成可能に~

発表日:2014/12/09

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
コクヨグループのコクヨファニチャー株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、ワーカーに心地よい仕事環境を提供する、上質な空間にふさわしいデザイン性と機能性を追求したワークステーションシリーズ「SAIBI(サイビ)」を拡充し、12月上旬から発売します。

「SAIBI」は、従来の家具の域を超えた、感性を刺激する心地よい仕事環境を提供するオリジナルブランドとして、本年7月に発売を開始して以来、多くの方々に好評を頂いております。
今回、当シリーズに単体テーブル、マネージャー個室用家具(デスク・収納・ミーティングテーブル)、カンファレンステーブルを追加発売します。これにより、オープンな執務空間からマネージャー個室、会議室まで、オフィス全体に機能美で彩られた心地よい空間をお届けします。

写真:ワークステーションシリーズ「SAIBI(サイビ)」マネジメントテーブル(ラウンドテーブル)
写真:ワークステーションシリーズ「SAIBI(サイビ)」マネジメントテーブル(ラウンドテーブル)
○発売予定:2014年12月上旬
○メーカー希望小売価格(本体税抜価格):1,043,000円(上記写真内合計価格、イス・小物は除く)
○年間販売目標 :2億円



「SAIBI(サイビ)」の概要


近年、コミュニケーション活性化とオフィススペース効率化の観点からオフィスのオープン化が求められる
一方で、個室で実現していた快適さは捨てがたいものです。本年7月に発売した「SAIBI」ワークベンチは、今までにない心地よさを生む上質なデザインと最新の機能性にこだわり抜いた機能美によって、オープン空間に最適な大型テーブルでありながら、ワーカーの心地よい個人環境を実現し、仕事の質とパフォーマンス力を向上させることを目指しています。

写真:「SAIBI」ワークベンチ
写真:「SAIBI」ワークベンチ
写真:ワークベンチにおける充実した個人環境
写真:ワークベンチにおける充実した個人環境


今回の「SAIBI」拡充品について


1.オープン空間(パーソナルテーブル・システム収納シリーズ「EDIA」アイランドパネル)


テーブル形状(L型・サイドリターン・120°ブーメランテーブル)の拡充により、オフィス面積や職種の特性、コミュニケーションの度合いに合わせた最適なスタイルを選ぶことができます。また、より空間のデザイン性を高めるアイテムとして、システム収納シリーズ「EDIA(エディア)」にアイランドパネル(厚い木目柄化粧パネルで収納庫の周りを囲み、意匠性を高めるアイテム)を拡充します。

写真:120°ブーメランテーブル設置イメージ
写真:120°ブーメランテーブル設置イメージ
写真:L型テーブル設置イメージ
写真:L型テーブル設置イメージ
写真:「EDIA」アイランドパネル
写真:「EDIA」アイランドパネル


2.個室用家具(デスク・収納・ミーティングテーブル)


オフィス内での個室の役割とそこでの働き方、モジュールの考え方から生まれた機能的な個室用家具です。ハードでありながらも充実したマネージャーワークを支える個室に求められる集中とコミュニケーションの両立、必要な収納量の確保などに配慮し、個々の働き方にフィットする自由度の高いバリエーションを用意しました。

写真:「SAIBI」で構成した個室イメージ
写真:「SAIBI」で構成した個室イメージ



3.カンファレンステーブル


オフィス空間全体のデザイン性を高めるため、マネージャー個室、オープン執務空間と隣接する会議空間に、同シリーズのカンファレンステーブルを用意しました。

写真:カンファレンステーブルを設置した会議室イメージ
写真:カンファレンステーブルを設置した会議室イメージ


【お問い合わせ先】
コクヨお客様相談室:0120-201594

ページトップへ