オフィスチェアー「Bezel(ベゼル)」を発売

~フレームがもたらす姿勢サポートと空間親和~

発表日:2014/12/09

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
コクヨグループのコクヨファニチャー株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、姿勢をサポートし、空間の美しさを高めるオフィスチェアー「Bezel(ベゼル)」を、2015年1月下旬から発売します。

写真:オフィスチェアー「Bezel(ベゼル)」ファンクショナルタイプ・可動肘
写真:オフィスチェアー「Bezel(ベゼル)」ファンクショナルタイプ・可動肘
「Bezel」は、ワーカーを取り巻くIT環境の変化に伴い、変化する着座時の姿勢の変化に着目して開発されたチェアーです。
座面は、骨盤を支える面形状を設けたベース層にクッション層を乗せた独自の「ポスチャーサポートシート」と、前傾姿勢に最適な座面角度に調節できる「オープンポジションメカニズム」を採用しました。
背もたれ部は、6本の樹脂製の帯で構成され、柔軟に背中に追従する独自の「ウェーブモーションサポート」によって、姿勢の変化に追従しながら柔軟にサポートします。また、多様な姿勢に合わせて調整しやすく肘の動きのサポート範囲が広い可動肘「クランクスライドアーム」を用意しました。
バリエーションは、ヘッドレスト付き、ファンクショナル、モデレートの3タイプ、肘なしと肘付3種類(可動肘「クランクスライドアーム」、アルミ肘、T型肘)、フレーム色2色(白、黒)、背座の張り地色の組合せを背座同色、背座別色の2種類、張り地色8種類を用意し、多様な使用シーンに応じて組み合わせることができます。


○発売予定:2015年1月下旬
○メーカー希望小売価格(本体税抜価格):モデレートタイプ・肘なし 92,400円~
                         ヘッドレスト付きタイプ・可動肘 155,200円
○年間販売目標 :6億円


オフィスチェアー「Bezel(ベゼル)」の特長


1.前傾姿勢をサポートする座面形状


座面のみを前傾させる「オープンポジションメカニズム」によって、背骨と大腿部の角度を開き、前傾姿勢時の腹部や腰部の負担を軽減します。さらに、骨盤を支える面形状を設けたベース層にクッション層を乗せた「ポスチャーサポートシート」を搭載しました。これにより、前傾姿勢時にも安定した姿勢が保て、適切な体圧分散と骨盤が起きることによる上半身の負担軽減を実現します。

写真:(左)座面前縁の前傾イメージ (右)「ポスチャーサポートシート」イメージ
写真:(左)座面前縁の前傾イメージ (右)「ポスチャーサポートシート」イメージ


2.背骨形状や動きに追随する独自の「ウェーブモーションサポート」


背もたれ部には6本の樹脂製の帯から成る独自の「ウェーブモーションサポート」を搭載。背骨の湾曲や姿勢の変化に合わせて帯が自在に伸縮します。力がかかった帯は伸び、力がかからない帯は縮む、大きな波のような動きで、6本の帯が1つの面となり、腰部を的確にサポートします。背もたれ部のグリップを回すだけで、テンションの微調節ができ、背骨や腰部の形状に合わせて、快適な座り心地をサポートします。

写真:(左)グリップ部 (右)「ウェーブモーションサポート」イメージ
写真:(左)グリップ部 (右)「ウェーブモーションサポート」イメージ


3.多様な姿勢をスムーズにサポートする可動肘


使用するデバイスによる姿勢の変化に応じて、快適にワークが行える位置に直感的に肘パッドを動かせる新しい可動肘「クランクスライドアーム」を搭載しました。

写真:(左)「クランクスライドアーム」イメージ(右)デバイスの多様化がもたらす頻繁な姿勢の変化
写真:(左)「クランクスライドアーム」イメージ(右)デバイスの多様化がもたらす頻繁な姿勢の変化


【お問い合わせ先】
コクヨお客様相談室:0120-201594

ページトップへ