~普及価格で機能も充実~

「カッターナイフ(標準型)」2タイプを発売

標準刃に加え刃先にのりが付きにくいフッ素加工刃タイプも

発表日:2014/07/15

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
コクヨグループのコクヨS&T株式会社(本社:大阪市/社長:森川 卓也)は、普及価格の「カッターナイフ(標準型)」2タイプを2014年8月6日に発売します。

今回発売するカッターナイフは、普及価格でありながら、刃を先端から抜き差しするだけで簡単に交換できるフロントチェンジ方式や刃をしっかり固定できるロック機能など機能が充実しています。刃は標準的な刃とフッ素加工刃の2タイプで、フッ素加工刃は刃先にフッ素加工を施しており、粘着テープなどを切っても刃先にのりが付きにくくなっています。

写真:(左から)「カッターナイフ(標準型)」HA-2B、HA-2P、HA-2YG、
   「カッターナイフ(標準型・フッ素加工刃)」HA-2-SD、HA-2-SW
写真:(左から)「カッターナイフ(標準型)」HA-2B、HA-2P、HA-2YG、
   「カッターナイフ(標準型・フッ素加工刃)」HA-2-SD、HA-2-SW

○発売予定: 2014年8月6日
○メーカー希望小売価格(本体税抜価格):「カッターナイフ(標準型)」 100円
                           「カッターナイフ(標準型・フッ素加工刃)」 150円
 メーカー希望小売価格(消費税込):「カッターナイフ(標準型)」 108円  
                         「カッターナイフ(標準型・フッ素加工刃)」 162円
 ※税込価格は発売予定日8月6日時点の消費税率(8%)を反映しています。
○年間販売目標: 2,600万円


「カッターナイフ(標準型)」の特長


1.刃を簡単に交換できるフロントチェンジ方式


スライダーを先端まで押し上げると簡単に刃を取り外すことができます。新しい刃を先端から差し込むと交換完了です。

スライダーを先端まで押す
スライダーを先端まで押す
刃を抜く
刃を抜く
新しい刃を入れる
新しい刃を入れる


2.刃をしっかり固定できるロック機能


本体の凹部にスライダーの凸部がかみ合うので、刃をしっかり固定できて切断時に刃が動きません。


3.貝印製の国産刃を使用


貝印製の国産刃を使用。さらに刃こぼれしにくい二段刃付けをしており、鋭い切れ味を長期間保てます。


4.フッ素加工刃(HA-2-SD、SWのみ)


当社が実施したカッターナイフに関する調査(WEB N=300)によると、「刃にのりがつく」という不満が24.3%で第一位でした。
この不満を解消するために、刃先にフッ素加工を施し、従来の刃に比べてのりの付きにくさを大幅にアップさせました(当社基準による試験結果より)。


■商品概要 カッターナイフ(標準型)

品番メーカー希望
小売価格(税抜)
外寸法(mm)適合替刃
HA-2B¥100全長135・幅14HA-S150-5 (フッ素加工刃) 
HA-100B・C・SN
HA-2Pピンク
HA-2YG黄緑
●材質/刃:炭素鋼、ホルダー:R-ABS、スナッパー:ABS、スライダー:R-POM ●刃幅 9mm

■商品概要 カッターナイフ(標準型・フッ素加工刃)

品番メーカー希望
小売価格(税抜)
外寸法(mm)適合替刃
HA-2-SD¥150全長135・幅14HA-S150-5 (フッ素加工刃)
HA-100B・C・SN
HA-2-SW
●材質/刃:炭素鋼、ホルダー:R-ABS、スナッパー:ABS、スライダー:R-POM ●刃幅 9mm 
●フッ素加工刃 

【お問い合わせ先】
コクヨお客様相談室:0120-201594

ページトップへ