~上質な機能美で心地よい仕事環境を提供~

ワークステーションシリーズ「SAIBI(サイビ)」を発売

~オフィスファニチャーのオリジナルブランドが誕生~

発表日:2014/07/07

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
コクヨグループのコクヨファニチャー株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、ワーカーに心地よい仕事環境を提供する、上質な空間にふさわしいデザイン性と機能性を追求したワークステーションシリーズ「SAIBI(サイビ)」を、7月7日から発売します。

今回発売する「SAIBI」は、ハイエンドなオフィスファニチャーのオリジナルブランドとして、天板や脚部などの部品一つ一つの細部から色、素材、形までこだわり抜いたデザイン性と、ワーカー個人のパフォーマンスを高める働きやすい機能性を追求したシリーズです。
働き方の質を高めたいワーカーへ向けて、従来の家具の枠を超えて、感性を刺激する心地よい仕事環境を提供します。バリエーションは、空間デザインや職種、グレード、人数等に合わせて、スタンダードセッティングやブースセッティング、パーソナルブースセッティング等に対応したデスクやパネル、ベンチ収納やトレイなどのオプション類、多彩な素材・カラーバリエーションを取り揃えました。

写真:ワークステーションシリーズ「SAIBI(サイビ)」イメージ
写真:ワークステーションシリーズ「SAIBI(サイビ)」イメージ

○発売予定: 2014年7月7日
○メーカー希望小売価格(本体価格):
 デスク(両面ベンチタイプD1,400mm×W1,200mm・白天板・アルミ塗装脚・1連)233,100円~、他
○年間販売目標: 8億円



ワークステーション「SAIBI(サイビ)」の特長


1.感性を刺激する素材選びと細部にまでこだわったデザイン


ワーカーが日常的に最も触れる天板には質感にこだわった木目を選定し、軽快なデザインのアルミダイカスト脚はやわらかさとシャープさを両立した面形状でポリッシュ仕上げをより美しく輝かせます。デスクトップパネルは視線を遮る機能にとどまらず、素材感のあるファブリックを採用することで、無機質になりがちなオフィスを心地よい空間へと演出します。また、配線カバーやデスクトップパネルのエッジには、美しく光を反射するC面カットを施したアルミ押出し材を使用し、空間を上品に引締めます。

写真:(左から)木目天板とアルミダイカスト脚、天板とアルミ配線カバー
写真:(左から)木目天板とアルミダイカスト脚、天板とアルミ配線カバー


2.働きやすさを実現するフレキシブルさと細やかなおもてなしの機能


スタンダードセッティングは中間脚が邪魔にならずワゴンがどこにでもセット可能で、人数の増減にもフレキシブルに対応します。天板の継ぎ目のエッジは薄く極限まで段差を小さくし、使い心地を高めています。
また、無駄を省いたシンプルなデザインに加え、拡張天板を追加してブースセッティングを実現したりと、フレキシブルな対応が可能です。さらに、携帯電話の充電やカップホルダー、書類の立てかけなど、細やかな配慮が行き届いたファンクションユニットや、自席でもミーティングを可能にするベンチ収納などを追加することで、働きやすさを高めます。

写真:(左から)スタンダードセッティング、ブースセッティング、ファンクションユニット、ベンチ収納
写真:(左から)スタンダードセッティング、ブースセッティング、ファンクションユニット、ベンチ収納


3.空間デザインに合わせた多彩なバリエーション


質感にこだわった木目の高級メラミン化粧版は、スタンダードなオーク柄のグレインドナチュラルとグレインドダークブラウン、空間に変化をつける大柄な木目のグレインドミディアムとグレインドブラウンをラインアップ。明るく開放的なイメージの空間からゆったりと落ち着いたイメージの空間まで幅広く対応します。脚の仕上げはポリッシュとシルバー塗装仕上げ(フラットシルバー)をご用意。また、デスクトップパネルのクロスも上質な空間を演出するバリエーションを備え、多様な空間デザインニーズに応えます。

写真:(上段左から)天板(デスクトップ)、デスク脚、(下段)デスクトップパネルの各バリエーション
写真:(上段左から)天板(デスクトップ)、デスク脚、(下段)デスクトップパネルの各バリエーション


写真:空間にレイアウトした例
写真:空間にレイアウトした例


【お問い合わせ先】
コクヨお客様相談室:0120-201594

ページトップへ