~機密情報を記入したノートデータを手軽にセキュリティ管理~

コクヨ「CamiApp」がパナソニック「パーソナルプロテクト」に対応

発表日:2013/06/12

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
コクヨグループのコクヨS&T株式会社(本社:大阪市/社長:森川 卓也)は、スマートフォンの内蔵カメラで手書きノート等の内容を撮影し、そのままデータ化できるスマートフォン専用アプリ「CamiApp(キャミアップ)」をバージョンアップ(AndroidTM版のみ)し、新たな連携機能を追加した「Ver.1.16.0」の無料配信を近日中に開始します。今回、新たにパナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社(横浜市、社長:星 敏典)が製造する「ドコモスマートフォン ELUGA(エルーガ)P-03E(以下、ELUGA P)」(6月15日発売予定)に搭載される「パーソナルプロテクト」への連携機能を追加します。

今回のバージョンアップでは、専用アプリ「CamiApp」のノートデータの保管先として、従来の一般フォルダに加え、「パーソナルプロテクト」で暗号化して管理するセキュリティボックスに格納可能となります。
これにより、他人に見られたくないノートデータを、通常では表示されないセキュリティボックス内で管理し、パターン・パスワードなどでロック解除をしたときのみに閲覧・活用が可能となり、従来より強固なセキュリティ下で情報管理ができます。

パーソナルプロテクトについて


「パーソナルプロテクト」は、パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社のスマートフォン「ELUGA P」に搭載されるセキュリティ機能です。他人に見られたくない静止画・動画、オフィス文書、Eメール、ID/パスワードなどを通常では表示されないセキュリティボックスで管理できます。





ご参考


■ELUGA Pについて
「ELUGA P」は、約4.7インチフルHD液晶を搭載し、持ちやすいラウンドフォルムに使いやすい機能が満載のスマートフォンです。指をかざすだけで反応する新技術「タッチアシスト」や片手で操作しやすいホームアプリ「フィットホームR」、ケータイのように文字入力ができる「ケータイキー」などの機能で、スマートフォンを初めて使う方をサポートします。


■CamiAppについて
「CamiApp」は、スマートフォンで専用アプリを起動し、内蔵カメラで手書きノートページを撮影すると、きれいにデータ化できるスマートフォン対応ノートです。あわせてクラウドサービスを活用することで、瞬時に社内のメンバーやパートナー企業との情報共有を行うことができ、2011年9月の発売以来、大変好評を頂いています。
現在、シリーズバリエーションは、ツインリングノート6品番、ツインリングメモ1品番、ノートブック5品番、ルーズリーフ2品番、メモパッド3品番の計17品番です。


■スマートフォン専用アプリ「CamiApp」の概要
「CamiApp」は、2011年9月に無料配信を開始し、当社対応製品ラインアップや専用アプリ機能、連携サービス等を、現在までに順次展開、拡大をしています。今後も随時改良・機能追加・対応連携サービスを追加することで、対応製品に手書きした情報のデータ化の手間削減と活用範囲の拡大を推進していきます。

※Android(TM)は、Google, Inc.の商標または登録商標です。
※「ELUGA」、「パーソナルプロテクト」「タッチアシスト」「フィットホーム」「ケータイキー」はパナソニック株式会社の商標または登録商標です。

【お問い合わせ先】
コクヨお客様相談室: 0120-201594

ページトップへ