~インテル、村田製作所、コクヨファニチャーの3社協働~

ワイヤレス充電できるデスクを試作!

~机に置くだけで、モバイル機器のワイヤレス充電!~

発表日:2012/09/27

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
コクヨグループのコクヨファニチャー株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、モバイル機器へのワイヤレス充電が可能なオフィス用デスクを、インテル株式会社(以下、インテル)と株式会社村田製作所(以下、村田製作所)と協働で試作しました。当社が試作したオフィス用デスクは、村田製作所が開発したワイヤレス充電システムを内蔵し、同システムを搭載したモバイル機器にワイヤレスで充電をすることができます。今後当社は、次世代のオフィスツールとして、また新しいワークスタイル提案として、実用化に向けた開発を進めます。

【背景】
昨今、モバイル機器の薄型化とワイヤレス充電機能搭載のニーズが増えています。特にノートブックPCは、携帯性が高い一方でバッテリーの消費が激しく、オフィスや家庭での充電が頻繁に必要なため、ACアダプタのケーブルが必要となる従来の電源供給から解放された、ワイヤレス充電機能の搭載が急務となっています。

【詳細】
当社は、今後のオフィス等でのワークシーンで、モバイル機器を携帯して、オフィス内を移動しながら働くスタイルが主流になると考え、ワーカーが一層自由に活動できるオフィス環境のあり方を追求しています。
具体的なオフィス環境として、ノートブックPCのネットワーク接続には、無線LANの登場でケーブルレスの環境が実現したにも関わらず、電源供給では、依然、ACアダプタのケーブルが必要です。そこでこれら現状に対して、当社は、より自由度の高いオフィス環境を実現するために、電源ケーブルの代替となる非接触充電デバイスを組み込んだデスクを試作しました。
今回試作したデスクには、村田製作所が開発した非接触充電デバイスを組み込み、受電機能を搭載したモバイル機器を使用することで、モバイル機器への充電がワイヤレスで行えます。今後、当社はモバイル機器への電源供給から解放されたワーカーのオフィス空間での働き方の変化を検証、調査し、次世代のオフィスツール開発に役立てるものとします。

試作したオフィス用デスクの本体は、天板面の段差が無いフラットな仕様とし、ワーカーがワイヤレス充電を行う際に、モバイル機器の充電所定位置を示すインジケート発光や充電状態開始を表すアナウンス発光を、天板面を透過して光で表示させることが可能です。またワイヤレス充電システムのユニットや連動する発光機能のユニットを、全て天板に内蔵することで、デスク天板表面上に一切の穴や切り欠きがないシンプルなデザインに仕上げており、モバイル機器を活用する多様な業務に利用できます。

【協働試作したデスクの概要】

写真:協働試作したオフィス用デスクのレイアウトイメージ
写真:協働試作したオフィス用デスクのレイアウトイメージ
写真:協働試作したオフィス用デスクのレイアウトイメージ
写真:協働試作したオフィス用デスクのレイアウトイメージ
・デスクのサイズ :長さ2400mm×奥行き700mm、長さ1852mm×奥行き966mm
・内蔵ユニット:村田製作所製のワイヤレス充電システム
・機能:モバイル機器の充電所定位置を示すインジケート発光、充電状態開始を表すアナウンス発光


■特徴
・25Wのワイヤレス電力伝送が可能
・高効率(70~80%)での電力伝送が可能
・充電台をテーブル内に組み込み、かつ高い位置自由度を確保して高い利便性を実現

■用途
ノートブックPC、その他周辺機器(マウス、スマートフォンなど)への充電

※ Intel、インテル、Intel ロゴは、米国およびその他の国における Intel Corporation の商標です。
※ その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。

【お問い合わせ先】
コクヨお客様相談室; 0120-201594

ページトップへ