~エレベーター内の閉じ込めに備えた備蓄セット~

「エレベーター用防災キャビネット フラットタイプ」を発売

~出入り口が2方向あるエレベーターなどに~

発表日:2012/09/20

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
コクヨグループのコクヨS&T株式会社(本社: 大阪市/社長: 森川卓也)は、エレベーター内に設置する防災用品セット「エレベーター用防災キャビネット フラットタイプ」を10月9日に発売します。

写真: 「エレベーター用防災キャビネット フラットタイプ」の設置例
写真: 「エレベーター用防災キャビネット フラットタイプ」の設置例
当社が2007年8月に発売した「エレベーター用防災キャビネット」は、震災等でエレベーターが停止した際に備えて、非常用飲料水や救急セットなど8アイテムをエレベーター内に備蓄しておけるキャビネットです。エレベーター内で邪魔にならないように、コーナーへ設置する三角の形状をしており、特に東日本大震災以降、防災意識の高まりから、たいへん好評をいただいています。
今回発売する「フラットタイプ」は、エレベーターの壁面へ設置する台形形状のキャビネットです。従来タイプが設置できなかった、出入り口が2方向あるものや、コーナーが直角でないものなどへの設置が可能です。また、幅550×奥行き80×高さ603mmと、薄型のためエレベーター内で邪魔になりにくく、手すりがあっても設置できる寸法です。さらに天面・側面に傾斜を設けており、腰掛けやゴミ置きを予防するだけでなく、台車などの衝突も和らげる形状となっています。


○発売予定: 2012年10月7日
○メーカー希望小売価格(税込): 184,800円
○年間販売目標 : 3,300万円


「エレベーター用防災キャビネットフラットタイプ」の特長


1.特殊エレベーターにも設置可能


出入り口が2方向あるものや、コーナーが直角でないものなど特殊なエレベーターにも設置が可能です。




2.耐震試験実施済み


専用の粘着パッドを使用して、壁面に取り付けます。振動実験(新潟県中越地震※震度7相当)を実施し、挙動を確認しています。

3.「いたずら防止機能」付き開閉ボタン


扉を一度開けてしまうと開閉表示が「開放中」になり、専用の鍵がないと扉を閉めることができません。万一いたずらなどがあった場合は、開扉状態となり、管理者が早期発見できます。なお、扉を閉じた状態では表示が「封印中」になるので、正常な状態であることが判別できます。
また、開閉ボタンには、鞄などで間違って押してしまうことを避けるための透明カバーを付けています。

4.暗闇でも視認可能な表示とボタン


扉に貼る表示ラベルと、ロック部の赤いリングと中心の赤いボタンに蓄光材を採用しています。突然暗闇になった場合でも視認でき、キャビネットを開けることができます。

「エレベーター用防災キャビネットフラットタイプ」の商品概要


品名品番メーカー希望
小売価格(税込)
外寸法
(mm)
総重量
(kg)
エレベーター用
防災キャビネット
フラットタイプ
DRK-EB20CG184,800円W550×D80×H60311.1
●製品色/CG(シャンパンゴールド) ●材質/スチール ●本体質量/8.8kg ●鍵付き
●振動実験実施/モデル加震波:新潟県中越地震程度(震度7程度)にて実施し、挙動の確認を行いました(日本国土開発株式会社)。
●内容物(8種類、質量合計2.3kg)
多機能ラジオライト、非常用飲料水(50ml×10)、非常用食料×10、簡易トイレ(大3枚・中3枚)、セーフティライト2本、ホイッスル、アルミブランケット2枚、救急用品(絆創膏・清浄面・脱脂綿・伸縮包帯・消毒液)




【お問い合わせ先】
コクヨお客様相談室: 0120-201594

ページトップへ