「キャンパスノート(幅広ドット入り罫線)」を発売

~行の幅が広いドット入り罫線ノート~

発表日:2010/09/24

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
コクヨグループのコクヨS&T株式会社(本社:大阪市/社長:森川 卓也)は、罫線上に等間隔にドットが入った<ドット入り罫線シリーズ>の新しい商品展開として、罫線の行間を広げた「キャンパスート(幅広ドット入り罫線)」2種類(8mm幅、10mm幅)を、10月8日に発売します。

当社が実施した小・中学生のノートの使用実態調査によると、小学校高学年の多くは10mmマスの学習帳、中学生ではおもに横罫線のノート(6mm幅、7mm幅)を使用しています。しかし、小学校高学年では「マス目の縦線が、文字や図を書く時や書いた後に目障りになる」という意見や、横罫線を使い慣れていない小・中学生からは「横罫線だと行間が狭くガイドとなる線などもないので、文字がバランスよく書けない」という声がありました(n=40、小学校4年生~中学校1年生)。また、ドット入り罫線ノートの発売以来、小・中学生の子どもを持つ親や教育関係者から、行の幅が広いタイプが欲しいという声も多数寄せられています。こうした声に応えてこの度発売するのが「キャンパスノート(幅広ドット入り罫線)」です。
キャンパスノート(幅広ドット入り罫線)は、罫線上に等間隔に配置されたドットを目印に、文字の大きさや間隔が揃うとともに図形や表もきれいに書けます。また、行の幅が広いので伸び伸びと文字を書くことができます。8mm幅、10mm幅の2種類を取り揃えており、どちらもセミB5サイズ、30枚タイプです。

写真(左から):「キャンパスート(幅広ドット入り罫線)使用イメージ、太横罫タイプ、極太横罫タイプ」
写真(左から):「キャンパスート(幅広ドット入り罫線)使用イメージ、太横罫タイプ、極太横罫タイプ」
○発売予定: 2010年10月8日
○メーカー希望小売価格(税込): 157円
○年間売上目標: 6,000万円



「キャンパスノート(幅広ドット入り罫線)」の特長


1.ドットを目印に文字の大きさや間隔が揃います。




2.行の幅が広いので、文字を伸び伸び書くことができます。




3.ドットを目印に、図形や表もきれいに書けます。




■キャンパスノート(幅広ドット入り罫線)

太横罫タイプ
太横罫タイプ
極太横罫タイプ
極太横罫タイプ
罫内容:太横罫
罫内容:太横罫
罫内容:極太横罫
罫内容:極太横罫


品番メーカー希望
小売価格
サイズタテ・ヨコ罫内容行数枚数
ノ-D3UT157円6号(セミB5)252・179太横罫(ドット入り)27行30枚
ノ-D3ULT極太横罫(ドット入り)21行
●紙質/上質紙 ●製本様式/無線とじ ●罫幅/太横罫(U罫):8mm、極太横罫(UL罫):10mm

「ご参考」


■小中学生のノートの使用状況
小学生は学習帳(マス目)、中学生になると大学ノート(横罫線)の使用が主流ですが、実際には、下図のような不満を持っています。

高学年になって、字を書くのに慣れ、筆記量が増えてくると、マス目の線が字や図を書く時にじゃまになって、効率が悪くなります。
高学年になって、字を書くのに慣れ、筆記量が増えてくると、マス目の線が字や図を書く時にじゃまになって、効率が悪くなります。
マス目からいきなり横罫線を使うと、文字の大きさや間隔のバランスがとれません。行の幅も狭くて、無理して小さく書くことになります。
マス目からいきなり横罫線を使うと、文字の大きさや間隔のバランスがとれません。行の幅も狭くて、無理して小さく書くことになります。


■お客様から寄せられた声
小学生の子どもを持つ親や教育関係者から、「行の幅が広いドット入り罫線ノート」が欲しいと、多数の要望が寄せられています。








【お問い合わせ先】
コクヨお客様相談室  0120-201594

ページトップへ