1カ所とじタイプの「針なしステープラー」を発売

~金属針不要のホチキス「ハリナックス」シリーズからハンディタイプ登場~

発表日:2010/05/10

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
コクヨグループのコクヨS&T株式会社(本社:大阪市/社長:森川 卓也)は、金属製のホチキス針を使わずに紙をとじることができる「針なしステープラー<ハリナックス>(ハンディタイプ)」を、7月7日に発売します。

2009年12月の発売以来、金属針を使わない「針なしステープラー<ハリナックス>(2穴タイプ)」が好評いただいております。同時に、1カ所とじの商品を求める声が多く寄せられています。そこで、操作性を追求した1カ所とじタイプのステープラーを発売し、企業、学校、家庭での「針なしステープラー」の更なる普及を図ります。
今回発売する商品は、手に持ったまま使用できるハンディタイプです。紙をステープラーに挿し込み、片手でハンドルを握るだけで、コピー用紙4枚を簡単にとじることができます。書類などを一時的にまとめるのに最適です。紙をとじる部分は1カ所で、とじ穴位置を確認できる確認窓付きです。机の引き出しに収納できるスマートなデザインで、全5色(黒、緑、ライトブルー、ピンク、白)をそろえています。

写真:「針なしステープラー<ハリナックス>(ハンディタイプ)」
写真:「針なしステープラー<ハリナックス>(ハンディタイプ)」


○発売予定:2010年7月7日
○メーカー希望小売価格:各1,155円(税込)
○年間販売目標:2億円


「針なしステープラー<ハリナックス>(ハンディタイプ)」の特長


1.金属針なしで紙をとじる


針を使わずに紙をとじることができるので、針補給の必要がありません。また、針が他のものに混入する心配や、針先に触れる心配もありません。

2.手に持ったまま使用できるハンディタイプ

写真:机の引き出しに収納した例
写真:机の引き出しに収納した例
片手でレバーを握るだけでコピー用紙4枚までとじることができます。ハンディタイプなので、いつでもどこでもサッと取り出して使用できます。薄くコンパクトな形状なので、机の引き出しにも収納可能です。


3.とじ穴を確認する窓付き(特許出願中)

写真:確認窓を上から見たところ
写真:確認窓を上から見たところ
あらかじめ、とじ穴の開く位置を確認できるので、とじ損じや文字部分にとじ穴がかかることを防げます。


4.小さいとじ穴

写真:とじ穴拡大図
写真:とじ穴拡大図

小ささを追求したとじ穴で、用紙をとじるのに邪魔にならないように配慮しました。


商品概要


品名品番メーカー希望
小売価格(税込)
寸法法
W・D・H
針なしステープラー
<ハリナックス>(ハンディタイプ)
SLN−MSH104D1,155円32・125・77(mm)
SLN−MSH104G
SLN−MSH104LB
SLN−MSH104P
SLN−MSH104W
●材質/本体:スチール カバー類:R−ABS とじ位置確認窓:ABS 刃:ステンレス●とじ枚数/PPC用紙約4枚●とじ穴寸法/4×6.5mm
◆製品色/D・・・黒、G・・・緑、LB・・・ライトブルー、P・・・ピンク、W・・・白
※とじ枚数表示は、PPC用紙64g/平米を使用時の数値です。
※紙の種類のよっては、とじ枚数が少なくなったり、とじられないことがあります。

【お問い合わせ先】
コクヨお客様相談室;0120−201594

ページトップへ