~省資源・分別廃棄不要のエコファイリングを実現~

金属針不要の「針なしステープラー」を発売

~業界初、紙とじとファイル穴あけが同時にできる~

発表日:2009/11/17

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
  コクヨグループのコクヨS&T株式会社(本社:大阪市/社長:森川 卓也)は、金属製のホッチキス針を使わずに紙をとじることができる省資源設計で、とじた紙の分別廃棄が不要な環境対応商品「針なしステープラー(2穴タイプ)」を、12月9日に発売します。尚、業界で初めて(※)ホッチキス針を使わずに紙とじと2穴ファイル用の穴あけを同時にできる構造を採用しています。
 
 
今回発売する商品は、ホッチキス針を使わずにコピー用紙を業界最多(※)の10枚までとじることができます。金属製のホッチキス針を使わないため省資源な上、書類廃棄時の分別が不要です。また、用紙をステープラーに挿し込み、ハンドルを一度押し下げるだけで2カ所をとじると同時にファイル穴を開けることができ、そのまま2穴ファイルに収容することができる業界初の構造です。
「針なしステープラー」と、表紙やとじ具など製品のすべてが紙でできた既発売商品「オール紙シリーズ」のファイルを組み合わせることで、丸ごと紙ごみとして廃棄可能な、コクヨ独自のエコロジーファイリングを実現します。
※2009年10月末現在 コクヨS&T(株)調べ


○発売予定:2009年12月9日
○メーカー希望小売価格(消費税込):5,775円
○年間売上目標:1億円
写真:「針なしステープラー(2穴タイプ)」
 
  「針なしステープラー(2穴タイプ)」の特長  
 
1.金属針なしで用紙がとじられる
金属針などの消耗品を一切使用せずに用紙をとじられます。用紙の廃棄時に針をはずす必要がないため分別の手間がかかりません。また、針先に指が触れることがないため安心して使用できます。
写真:紙とじ部
 
 
2.業界最多(※)、10枚までしっかりとじられる
とじる機会が多いPPC用紙最大10枚まで対応できます。1度に2カ所をとじるため用紙がしっかりととまります。
※2009年10月末現在 コクヨS&T(株)調べ
写真:紙とじする様子
 
       
3.業界初(※)、ワンアクションで紙とじと2穴あけが可能
コクヨ独自の機構によりハンドルを1度押し下げると、用紙の2カ所をとじると同時に2穴ファイル用の穴があくのでそのままファイルに収容できます。この商品を使用して配付資料を作成すると、受け取った相手は保管用にパンチ穴を開ける作業が不要になります。
※2009年10月月末現在 コクヨS&T(株)調べ

ワンアクションで紙をとじる仕組み
(1)ハンドルを下げる動きで、用紙に2カ所切込みが入ります
(2)(1)のような切込みを入れると同時に、U字形の紙片が刃の穴に通ります。
 
       
(3)ハンドルが元に戻る動きで、U字形の紙片が用紙の上に引き出されます。
(4)切り込まれた用紙が、図のように折り込まれ、用紙がとじられます。
 
  商品概要  
 
 
 
品名 品番 メーカー希望
小売価格(税込)
寸法法
W・D・H
針なしステープラー(2穴タイプ) SLN−MSP110D 5,775円 139・181・210
●材質/ハンドルカバー・フロントカバー・サイドゲージ:R−ABS75%、サイドカバー・ベース:R−ABS100%、とじ穴位置確認ゲージ:PC、ダスターケース:PP
●とじ枚数/PPC用紙約10枚●とじ穴寸法/6×15mm●ピッチ寸法/80mm●とじ穴奥行き/13mm
◆製品色/D・・・黒
※とじ枚数表示は、PPC用紙64g/平米を使用時の数値です。
※紙の種類のよっては、とじ枚数が少なくなったり、とじられないことがあります。
 
  <ご参考>  
       
ファイル用品「オール紙シリーズ」
樹脂や金属を一切使用せず、表紙だけでなくとじ具も紙でできた商品です。すべて紙製なので、廃棄の際はとじ具を分別することなく書類をとじたままで紙ごみとして廃棄することが可能です。シリーズとして3商品合計7品番をそろえています。
「つづりこみ表紙セット<オール紙>」 「保存ファイル<オール紙>」 「フラットファイル<オール紙>」
 
   
   【お問い合わせ先】
   コクヨお客様相談室;0120−201594
ページトップへ