~自由な大きさや好きな形に切り取れるA4サイズの筆記用紙~

全面にミシン目が入った「筆記用紙<紙キレ>」が誕生

~「コクヨデザインアワード」2007年グランプリ受賞作品を商品化~

発表日:2008/10/20

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
  コクヨグループのコクヨS&T株式会社(本社:大阪市/社長:森川卓也)は、A4サイズの筆記用紙の全面に方眼のミシン目を施し、自由な大きさや好きな形に切り取ることができる「筆記用紙<紙キレ>」を、10月27日に発売します。「筆記用紙<紙キレ>」は2007年「コクヨデザインアワード」グランプリ作品を商品化しました。  
 
2002年創設の「コクヨデザインアワード」は、ユーザーならではの優れた商品デザインを幅広く一般から募集するコクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田章裕)主催の国際コンペティションです。
2007年の「第6回コクヨデザインアワード」のテーマは「融通のきくもの」でしたが、今回発売される「筆記用紙<紙キレ>」は、国内外から応募された合計1,723点(国内1,579点、海外144点)の中から、頂点に輝くグランプリ作品を忠実に再現した商品です。
商品仕様は、7mm方眼のミシン目がA4サイズの筆記用紙の全面にレーザー加工で施されています。ミシン目はほんのり色づいて、レースのすかし模様のように美しく、文字を書くときの罫線として利用ができ、自由な大きさ、好きな形に切り取とることができます。加えて、用紙はなめらかな書き心地とさらさらした手触りのコクヨオリジナルの高級原紙を採用しており、インクの乾きが早く、にじみにくいのも特長です。又、用紙は、様々な使い方ができるように製本されておらず、紙製のペーパーホルダーにセットされています。
写真: 「筆記用紙<紙キレ>」
 
  ○発売予定 : 2008年10月27日
○販売価格(消費税込) : 1,260円(「筆記用紙<紙キレ>」)
○販売目標 :1,000万円(発売後1年間)
 
  「筆記用紙<紙キレ>」の商品特長  
 
1.全面レーザー加工のミシン目
ほんのりと色づいた7mm方眼のミシン目がA4サイズの筆記用紙の全面に施されていますので、文字を書くときの罫線として使えます。又、自由な大きさ、好きな形に切り取ることができます。
 
       
2.ペーパーホルダー入り
用紙は紙製のポケット付ホルダーにセットされています。ペーパーホルダーのグラフィックデザインはコクヨデザインアワードの審査員でもある、グッドデザインカンパニーの水野学氏によるものです。
ペーパーホルダー : 表紙 ペーパーホルダー : 見開き
 
 
3.高級筆記用紙を採用
なめらかな書き心地でさらさらした手触りのコクヨオリジナル原紙を採用。インキのなじみが早く、にじみにくいタイプです。
 
 
4.KOKUYO DESIGN AWARD PRODUCT
コクヨデザインアワードの受賞作品(2007年グランプリ)を商品化しました。
 
 
5.基本仕様
 
 
品番 税込価格 サイズ 罫内容 枚数
F-KKL106 1,260円 A4(タテ297×210mm) ミシン線7mm方眼 30枚
●紙質/上質紙 ●ペーパーホルダー、下敷き付き
 
  <ご参考>  
  使い方はお客様次第・・・・・以下は受賞者のメッセージです。  
 
 
 
1枚の紙がさまざまにカタチを変え、
同時に機能が生まれる。
そのたびに、私たちは紙の可能性に驚き、
そのたびに、私たちは想像力をかき立てられます。
 
A4の紙にミシン目を入れただけ。
線を描く・・・それと同じくらいの感覚で
切ったり折ったりできる紙。
   切って折ってしおり
      ビリビリすればシュレッダー
   幅を変えて切ればページの見出しに
         数学の勉強にも・・・
 
自分の発想がカタチになったとき
自分の工夫で便利になったとき
自分だけの使い方を発見したとき
私たちはちょっぴり幸せになります。
そのちょっとしたお手伝い。

紙の新しい使い方にワクワクしませんか?
 
   
   【お問い合わせ先】
   コクヨお客様相談室;0120−201594
ページトップへ