紙製品などの価格改定を実施

発表日:2007/09/25

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
  コクヨグループのコクヨS&T株式会社(本社:大阪市/社長:森川卓也)は、紙製品など一部の製品について、価格改定を2007年10月以降実施致します。

当社では、世界的な需給逼迫の影響による原燃料及び原材料価格の高騰が続く中、経費削減や業務改善等の効率化により、お客様への価格転嫁を極力避けるよう、最大限努力してまいりました。しかしながら、チップやパルプ、樹脂といった原材料価格はもとより、石油、原油などの原燃料においても、一層の上昇と高止まりが続く中で、これまでのコストダウンなど、企業努力のみでこれを吸収することは困難となっております。
このような状況を踏まえ、今後とも引き続き高品質な商品を安定して供給させていただくため、紙製品など一部の製品について、誠に不本意ながら下記の通り希望小売価格を改定させていただきます。
 
   
  ○対象商品:
コピー用紙、ノート、スパイラルノート、ルーズリーフ、製図用品他
品番数948品番(コピー用紙83品番、コピー用紙以外865品番)
※品目は別紙一覧表をご参照願います。

○実施時期:
コピー用紙・・・・・・・・2007年10月1日
コピー用紙以外の製品・・・2008年1月1日

○値 上 率:
全体・・・・・・・・約15%(948品番)
コピー用紙・・・・・約17%( 83品番)
コピー用紙以外・・・約15%(865品番)
※なお、上記値上率は当該商品区分での平均値です。
 
 
<価格改定対象品目一覧>
 
 
値上対象品目 品番数
コピー用紙 83
ノート 321
スパイラルノート 163
ルーズリーフ 66
レポート箋 33
音楽帳 10
原稿用紙 25
単語帳 28
メモ 14
卓上ラック 27
製図用品 109
厚表紙ファイル 12
その他
※スケッチブック、情報カード等
57
総計 948
 
   【お問い合わせ先】
   コクヨお客様相談室;0120−201594
ページトップへ