~画面の表示文字数が2倍になって、長文対応のモードも追加~

電子単語カード「memoribo W(メモリボ ダブル)」を発売

発表日:2006/10/23

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
  コクヨグループのコクヨS&T株式会社(本社;大阪市/社長;森川卓也)は、2006年1月に発売し好評を博している電子暗記カード「memoribo(メモリボ)」シリーズに、画面の表示文字数がこれまでの2倍になり、さらに従来の「暗記カード」機能に、全角1,000文字までの情報を400枚分記録できる「情報カード」機能を加えた「memoribo W(メモリボ ダブル)」を11月20日に新発売します。

今回発売する「memoribo W」は、既発売商品の、“自分で情報をカスタマイズして持ち歩くことができる”という良さはそのままに、従来からの単語カード20冊分(=2,000ページ分)の問題と答えを記録できる「暗記カードモード」に加えて、1枚のカードに全角1,000文字以内の情報であれば400枚分まで記録できる長文対応の「情報カードモード」も備えており、ユーザーから要望の多かった記録容量全体のアップを図っています。
 
 
また、同じく従来の「memoribo」においてユーザーからの要望が多かった画面の表示文字数についても、従来機種の2倍である6行(1行は全角8文字)に増やしました。
専用コンテンツとして、「暗記カードモード」では、「知っておきたい分野別ビジネス英語」(株式会社旺文社刊)から英単語と語義を抜粋引用、「情報カードモード」では「新ビジネスマナー事典」(株式会社旺文社刊、鈴木健二監修)から「早引きビジネス用語」、「正しく知りたいビジネス用語」を収録しています。
暗記をはじめとしたさまざまな学習や、情報の記録・持ち歩きなど幅広い用途で使用できます。

○発売予定; 2006年11月20日
○販売予定価格(消費税込); オープン価格
○年間販売目標; 5万台(2006年度)
写真; 「memoribo W(メモリボ ダブル)」の使用例
 
  電子単語カード「memoribo W(メモリボ ダブル)」の商品特長  
 
1.カード1枚あたり1000文字までの長文の情報を持ち歩ける「情報カードモード」を追加
「memoribo W」は、従来のメモリボにも搭載されていた「暗記カードモード」に加えて、記録しておきたい情報を手軽に持ち運ぶことが可能な長文対応の「情報カードモード」(※)を備えています。
「情報カードモード」では、合計で全角40万字まで記録可能となっています。 
 
 
まず、“ビジネス用語”や“英会話”といったような分類(=「BOX」)を決め、その中に1つ1つの用語とその意味などを「カード」単位で入力します。「情報カードモード」には、モードとしての合計文字数の上限や「BOX」や「カード」といったそれぞれの単位における作成数に上限があり、1枚の「カード」に入れる文字数によって、作成できるトータル枚数や「BOX」の数が変動するので、自分で作成枚数を調節することができます(「暗記カードモード」では、フォルダ数、カード枚数などは固定)。「BOX」は最大で40個まで作成可能で、1つの「BOX」内では最大500枚まで「カード」が作成可能です。また、1つの「カード」においては最大で全角1,000文字まで入力でき、ユーザーから要望の多かった長文への対応も可能になりました。
さらに、情報入力時に「キーワード」を設定することによって、キーワード検索も可能になりました。

※「暗記カードモード」にはカードの表裏といった概念がありますが、「情報カードモード」は片面のみとなります。
※上記画像はイメージです。実際の画像とは異なります。
 
 
2.液晶画面の大きさが2倍
「memoribo W」の液晶画面の大きさは既発売の「memoribo」の2倍です。「memoribo」へのユーザーの声に応えたもので、これによって、全角8文字×6行を1度に表示することができます。
※画像はイメージです。実際の画像とは異なります。
 
 
3.単語カード2,000ページ分の問題と答えを持ち運びできる「暗記カードモード」も搭載
「memoribo W」では、既発売の「memoribo」で好評の「暗記カード」機能も搭載しています。最大で単語カード2,000枚分(1冊100枚の単語カードを最大20冊まで収録可能 片面全角48文字×両面×100枚×20冊=トータル196,000文字分)の問題と答えをポケットに入れて持ち運びが可能です。付属の専用アプリケーションソフトをパソコンにインストールして、自分の覚えたい語句を直接入力したり、またホームページからメモリボ専用コンテンツをダウンロードすれば、簡単に単語データを作成できます。あとはパソコンと「memoribo」を接続し、USBケーブルで通信すれば、簡単に情報を転送でき、いつでもどこへでも必要な情報をカスタマイズして持ち歩いて学習することができます。
 
 
また、電子単語カードならではの機能である、ページを自動的に送る「自動再生機能」や問題をランダムに表示する「シャッフル機能」、覚えた語句を隠す「非表示機能」、問題と答えの双方から学習できる「問題答え入れ替え機能」、電源を切ったページを記憶する「しおり機能」などの機能も搭載しています。
 
 
4.専用コンテンツを標準搭載、専用ブログ上でもコンテンツを続々公開予定
「memoribo W」では、2つのモードそれぞれにおいてコンテンツを標準搭載しています。「暗記カードモード」では、『知っておきたい分野別ビジネス英語』(株式会社旺文社刊)から英単語と語義を抜粋引用して収録。また「情報カードモード」では、『新ビジネスマナー事典』(株式会社旺文社刊、鈴木健二監修)から「早引きビジネス用語・正しく知りたいビジネス用語」を収録しています。
また今後、手軽に使えるレシピ集や英会話などの専用コンテンツも専用ブログ「メモリボパーク」(http://blog.memoribo.com/)上にて公開していきます。
 
 
電子単語カード「memoribo W(メモリボ ダブル)」の基本仕様
 
 
品名 電子単語カード memoribo W
品番 NS−DA2B・DM・R・W
外寸法(?) W98×D15×H44
表示部 全角8文字×6行(半角文字の場合16文字×6行)
記憶可能文字数
(暗記カードモード)
単語カード20冊分(1単語カード100ページ収録)
1ページ記憶可能文字数 片面 全角48文字(半角96文字)
記憶可能文字数
(情報カードモード)
全カード合計 全角40万文字(半角80万文字)
1カード記憶可能文字数 全角約1,000文字(半角2,000文字)
文字サイズ 6ドット、24ドット、48ドット
文字体 明朝風書体
搭載文字 JIS第1水準漢字; 2,965文字
JIS第2水準漢字; 3,390文字
ひらがな、カタカナ、英数字(半角含む); 348文字
記号、その他文字など; 352文字
インターフェイス USB1.1
セット内容 「memoribo W」本体、USBケーブル、ストラップ、CD−ROM、
リチウム電池(CR2032)2個、簡易マニュアル/保証書
保証期間 6ヶ月
 
 
動作環境
 
 
対応機種 PC/AT互換機(DOS/V)
対応OS 日本語 Microsoft Windows98SE/Me/2000Professional(SP4まで)
/XP(SP2まで)のいずれかがプリインストールされたパソコン
CPU Pentium(R)?266MHz以上、またはそれに相当するCPU
動作メモリ 64MB以上あるいはOSが推奨するメモリ
(WindowsXPの場合は128MB以上)
必要HD容量 60MB以上
必要装備 CD−ROMドライブ、USBポート(USB1.1以上)
ディスプレイ解像度 SVGA(800×600)以上 *XGA(1024×768)以上推奨
*Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または
商標です。
*Pentium(R)は、米国Intel社の商標です。製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
 
   
   【お問い合わせ先】
   コクヨお客様相談室;0120−201594
ページトップへ