~テーマは「KOKUYO Symphony(コクヨ シンフォニー)」~

「2006 KOKUYO FAIR(コクヨフェア)」を開催

~ファニチャーの新製品を中心に紹介~

発表日:2005/11/17

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
  コクヨ株式会社(本社;大阪市、社長;黒田章裕)は、11月17日と18日の2日間、当社の東京ショールームにおいて、当社のファニチャーを中心とした新製品を紹介する「2006 KOKUYO FAIR(コクヨフェア)」を開催します。

今回のフェアのテーマは「KOKUYO Symphony(コクヨ シンフォニー)」です。Symphonyという言葉が持つ「共に響きあう」という意味から、このフェアを、お客様の声を訊いてそれに応えていく場にしようという願いを込めています。
当社は創業100周年を迎えた今年を第二の創業のスタートと位置づけており、フェアでは、100年間の歩みを紹介するとともに、新しい100年に向けて、イスを中心としたファニチャーの新製品や、会社の情報を守りながらも働く人にストレスを感じさせないセキュリティのあり方を製品やサービスを通じて紹介します。
 
  特に、イスの展示では、新製品と既存品、合計100脚のオフィスチェアを一堂に展示する他、ますます需要が高まるオフィスのセキュリティにおいては、アナログ、ICカード、生体認証、さらにはUHF帯のRFID技術を使った近未来のセキュリティなど、コクヨならではの幅広い分野で、ユーザー企業が抱えているセキュリティの課題解決法を紹介します。
また、フェア期間中、ジャーナリストの嶌信彦氏 他による、ビジネスセミナーを開催します。
「2006 KOKUYO FAIR」の主な展示内容は次の通りです(コース順)。
 
 
(1) History100(ショールーム2階)
100年の歴史の中で生まれ、それぞれの時代を彩ってきた主なコクヨ製品100点の展示の他、主な10製品の開発エピソードを通じて、当社の製品開発の歴史をご紹介します。
 
 
(2) Product100(ショールーム4階)
色や形が違う100脚のイスの展示や100シーンの映像によるロビーチェアの紹介など、イスを中心に展示します。また、業界初の「3Dフィット構造」を採用したオフィスチェア「FOSTER(フォスター)」について、そのコンセプトを含めて詳しくご紹介します。
 
 
(3) Secure100(ショールーム3階)
アナログ、ICカード、生体認証、さらにはUHF帯のRFID技術を使った近未来のセキュリティをご提案する他、金融機関や医療施設などの業種別の提案や、すぐに始められる「内筒交換キーシステム」などの新製品をご紹介します。
 
 
(4) おもてなし100(ショールーム1階)
創業100周年記念商品「mitasu」による新しいワークスタイルをご提案する他、「奥行きデザイン展」と銘打って、国内外の美大生とコクヨとのコラボレーション作品と、コクヨデザインアワード2005の受賞作品を一堂にご紹介します。
 
 
(5) ビジネスセミナー(ショールーム2階 コクヨホール)
11月17日(木)11:00~12:30/講演「野球で私が学んだこと」
     講師; 前東北楽天イーグルス監督 田尾安志 氏
 11月17日(木)13:30~15:00/講演「三浦雄一郎の“元気力”~70歳、エベレスト登頂~」
     講師; プロスキーヤー 三浦雄一郎 氏
 11月18日(金)13:30~15:00/講演「時代を読む−完成が変える21世紀」
     講師; ジャーナリスト 嶌信彦 氏
 
  ○場所; コクヨ東京ショールーム(東京都港区港南1−8−35/品川駅港南口)
○フェア開催日時; 11月17日(木)、18日(金) 両日とも10:00~18:00
○来場予想人数; 7,000人
 
ページトップへ