~隠蔽はがきを簡単に作成~

個人情報を守る「情報保護はがき」を発売

~官製はがきと同じ郵送料で、2倍の情報量~

発表日:2005/02/28


このページを印刷

 
  コクヨグループのコクヨS&T株式会社(本社;大阪/社長;岡本光弘)は、二つ折りはがきを貼り合わせて、本文の情報を隠すことができる「情報保護はがき」を3月1日に新発売します。  
 
個人情報保護に関心が高まる中、個人宛の請求書などに使用されている「隠蔽はがき」は、これまで専門業者に作成を依頼しなければならず、必要とされる発注単位も大きいため、SOHOや家庭で個人が手軽に使用することができませんでした。
今回発売する「情報保護はがき」は、プリンタで「はがき用紙」に宛名と本文面を印刷した後、本文面の上に特殊な「貼り合わせシール」を貼って二つに折り合わせるだけで、簡単に「隠蔽はがき」を作成することができます。通知する相手のプライバシーを保護することができ、利用明細、請求書、引越案内など、個人の情報が入ったはがきに最適です。
郵送料は官製はがき料金と同じ郵送料で、二つ折りなので、通常のはがきの2倍の情報量を記載することができます。インクジェットプリンタ専用の高画質タイプと、プリンタを選ばない汎用タイプがあり、それぞれ10枚セットと50枚セットの2種類があります。


○発売予定;平成17年3月1日
○販売予定価格(消費税込);高画質タイプ 504円(10枚セット)/1,995円(50枚セット)
汎用タイプ 462円(10枚セット)/1,785円(50枚セット)
○年間売上目標;5千万円
「情報保護はがき」(写真右;高画質タイプ/左;汎用タイプ)
 
  「情報保護はがき」の特長  
 
1.貼り合わせシールでプライバシー保護
「情報保護はがき」は、文面を印刷する「はがき用紙」と、内容を隠すための「貼り合わせシール」のセットになっています。プリンタで「はがき用紙」に宛名と本文面を印刷した後、本文面の上に特殊な「貼り合わせシール」を貼って二つに折り合わせるだけで、簡単に「隠蔽はがき」を作成することができます。
通知する相手のプライバシーを保護することができ、利用明細、請求書、引越案内など、個人の情報が入ったはがきに最適です。
 
  (1) 「貼り合わせシール」の片側の台紙をはがして、本文面を印刷したはがき用紙に貼りつけます。

(2) 次に、「貼り合わせシール」の反対側の台紙をはがします。

(3) はがき用紙を二つに折り合わせると、「情報保護はがき」の完成です。
 
 
2.官製ハガキと同じ郵送料で、はがきの2倍の情報量
郵送料は官製はがきと同じ郵送料で、50円切手を貼って郵送できます。しかも、二つ折りなので、通常のはがきの2倍の情報量を記載することができます。
 
 
3.インクジェットプリンタで印刷可能
通常のインクジェットプリンタで印刷可能なので、家庭やオフィスで手軽に作成できます。
 
 
 
 
品名 品番 税込価格 寸法
タテ・ヨコ(mm)
枚数 紙厚
インクジェットプリンタ用
情報保護はがき(高画質マット紙)
KJ-S2630 504円 200・148 10セット 146g/?・0.2?
インクジェットプリンタ用
情報保護はがき(高画質マット紙)
KJ-S2635 1,995円 200・148 50セット 146g/?・0.2?
カラーレーザー&インクジェットプリンタ用
情報保護はがき
KPC-S2630 462円 200・148 10セット 150g/?・0.17?
カラーレーザー&インクジェットプリンタ用
情報保護はがき
KPC-S2635 1,785円 200・148 50セット 150g/?・0.17?
 
 
 
  【問合わせ先】
コクヨお客様相談室;0120−201594
 
ページトップへ