~低価格で快適な座り心地を実現~

オフィスチェアー「セディスタ」を発売

~背中を優しく包み込む「ダブルクッション構造」~

発表日:2005/02/01

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷

 
  コクヨグループのコクヨファニチャー株式会社(本社;大阪/社長;尾崎 司)は、背もたれに背中を優しく包み込む「ダブルクッション構造」を採用し、低価格で快適な座り心地を実現したオフィスチェア「セディスタ」を、2月15日に発売します。  
 
「セディスタ」の背もたれの上部は、硬さが違う2種類のウレタンクッションを使用し、ノーマルクッションの下により柔らかいソフトクッションを入れた二層構造になっています。背もたれに体をあずけるたびに、ソフトクッションが圧縮されて動きを吸収し、背の上部を優しく包み込むような座り心地を生み出します。
また、座面昇降レバー、背もたれロッキングストッパー、ロッキング強さ調節グリップなど、個々の体型や好みに合わせて調節する各種機能の操作レバーを座面下の片側に集約して配置することで、操作時にあれこれ迷う心配がありません。
背もたれの高さにはハイバック(900~990?)とローバック(830~920?)の2種類あり、肘当ての高さや角度を調節できる可動肘タイプと、シンプルなサークル肘タイプ、上着を掛けられるハンガー付きタイプがあります。
布張り地は上質感のある5色(オレンジ、ブルー、グリーン、グレー、ブラック)で、脚などの樹脂部は2色(アッシュグレー、チャコールグレー)を品揃えています。


○発売予定;平成17年2月15日
○販売予定価格(消費税込);72,240円(ハイバックハンガー付き可動肘)~39,690円(ローバック肘なし)
○年間売上目標;20億円
写真;「セディスタ」
(ローバックサークル肘タイプ グリーン色/50,190円)
 
  「SEDISTA(セディスタ)」の特長  
 
1.業界初の「ダブルクッション構造」
デスクワークでイスに座っている時でも、人間の身体はさまざまな動きをしています。特に、背中の上部は動きが多く、イスの背もたれとの間で、常に触れたり離れたりを繰り返しています。
「セディスタ」の背もたれの上部は、硬さが違う2種類のウレタンクッションを使用し、全体を覆うノーマルクッションの下に、より柔らかいソフトクッションを入れた二層構造「ダブルクッション構造」になっています。この「ダブルクッション構造」により、背もたれに体をあずけるたびに、ソフトクッションが圧縮されて動きを吸収し、背の上部を優しく包み込むような座り心地を生み出します。
 
 
2.操作レバーをシンプルに配置
個々の体型や好みに合わせて調節する各種機能の操作レバーは、座面下の片側に集約して配置することで操作時にあれこれ迷う心配がありません。
座面の高さを上下に調節できる座昇降レバー、背もたれの傾斜角度を任意に固定することができるロッキングストッパー、ロッキングの強さを調節するグリップなど、座った姿勢のままで簡単に操作できるように設計されています。
 
 
 
  【問合わせ先】
コクヨお客様相談室;0120−201594
 
ページトップへ