商品化された作品

チビット

〈2007 グランプリ〉

メーカーとしての確かな技術力が息づくフリーカットメモ「チビット」。

  • チビット
  • チビット
  • チビット
応募時の作品
商品化された実物

作品から商品へ


紙の使い方はひとつじゃない。「チビット(TidbiT)」とは、メモ用紙の全面にミシン目が入っていて、好きな大きさやカタチに切り取ることができるフリーカットメモです。好きな分量だけ使えて省資源化につながるだけでなく、使い手の発想次第ではいかようにも使用することができる商品です。この原形となったのが、「コクヨデザインアワード2007」にてグランプリを獲得した「紙キレ」という作品。この受賞作は「チビット」のもととなっただけでなく、A4サイズの筆記用紙である「紙キレ」としても発売されており、アワード受賞作初のダブル商品化が実現した、大変珍しい作品です。

もともとはA4サイズだった作品。もっと日常的で誰もが使いやすいサイズ、さらに購入しやすい価格にしたいと考えました。そして量産可能なメモ帳として商品化を進めることになりました。
もっとも時間をかけて検討したのが、ミシン目です。受賞作品を忠実に再現した商品「紙キレ」とは違い、機械でミシン目を入れながら、使いやすさや切れ味をキープできる生産方法を追求しました。その結果、ミシン目による方眼罫と横罫の2種類が完成。使い手の好みや使い方に対応できる、フレキシブルな商品が完成しました。

さらに、受賞作品にはなかった工夫も。細かくちぎったメモを保管できるように、表紙の裏側にポケットを設置。大切なメモ書きをいつでも必要なときに見返すことができるようにしました。そんな心配りも、商品化を進めるうえでは大切な要素のひとつとなるのです。

受賞者の新鮮なアイデア。商品づくりのプロであるコクヨの技術力。このふたつがひとつになることで、通常のモノづくりでは得ることのできない、まったく新しい商品が誕生しました。