商品化された作品

エンボスノート

〈2015 優秀賞〉

印刷ではなく、すべてがエンボス加工でデザインされたキャンパスノートです。
引き算の先に残るミニマルな美しさ、罫線の凹凸によって移ろう光や、
書くときのエンボスの質感をお楽しみください。

  • エンボスノート
  • エンボスノート
  • エンボスノート
  • エンボスノート
  • エンボスノート

 

作品から商品へ

久保さん制作の作品模型。


「美しい暮らし」をテーマに作品を募集したコクヨデザインアワード2015。優秀賞を受賞した「儚く、美しく」は、「エンボスノート」は、引き算の先に残るミニマルな美しさ、そして利便性だけでないノートの新しい価値を提案する作品として高い評価を受けました。


この作品は印刷をせずに、エンボス加工だけで表現されたノートです。最終審査で提出された模型は、作者の久保貴史さんが一本一本手作りで罫線の筋を付けていったもの。ご本人が「もう1冊は絶対につくりたくない!」というほど、手間暇がかかった力作です。審査員から、ミニマルな作品だからこそ完璧性が必要、という意見があったように、エンボス加工によって研ぎ澄まされた美しさを表現できるかが商品化のキーポイントでした。


通常のノートは、大きなロール紙に印刷をしていきますが、エンボスノートの場合、表紙、中紙一枚一枚に丁寧に凹凸を付けていくことになります。B5サイズという広い面積のエンボス加工で、圧力が細部まで行き届くのか、どこまで細かな表現を実現できるのか。不安を抱きながらスタートした商品化ですが、最初の試作を目にして予想以上の驚きが!日用品としての普段の表情とは全く異なる、今まで見たことのないCampusノートがそこにはありました。


embossednotebook

エンボス加工の様子。

製本の際の糊の使用はあるものの、その他使用している素材は紙のみ。それも決して高価な紙を使用しているのではなく、一般的によく使われている紙ですが、素材そのままの美しさを実感することができます。美しいガラス面に指紋をつけることが憚られるように、このノートにも気軽に手にすることを少しためらってしまうような緊張感や繊細さがあるように感じます。


embossednotebook

このノートをどのように使うかは、皆さん次第です。
罫線の凹凸によって移ろう光を感じることもできます。思い切って書いてみれば、普段とは違うエンボスの罫線の感触を楽しめるかもしれません。そして、日頃からCampusノートをご愛用いただく方にも、少しよそ行きの表情のCampusをぜひお近くでご覧いただきたいです。


embossednotebook