コクヨデザインアワードとは

コクヨデザインアワードは、
使う人の視点で優れた
商品デザインを
広くユーザーから集めて、
商品化をめざす
コンペティションです。

昨年の応募作品総数は1,307点。
参加国は日本を含めて44カ国におよび、
プロダクトデザインの国際コンペティション
としても成長しております。
また、過去の受賞作品からは「カドケシ」や
Campusノートパラクルノ」、
なまえのないえのぐ」、「和ごむ」などの
ヒット商品も誕生しました。
どうぞ「コクヨデザインアワード2017」に
奮ってご応募ください。

主催者より

デザインという価値を高め、使い手に愛されるモノづくりを支援する、
「コクヨデザインアワード」

時代が進むごとに、我々のまわりの「モノ」を取り巻く環境は、大きく変わってきました。これまでは、少品種ではあっても一定の品質のものを安定して市場に供給することが主に求められていたため、メーカー側の役割は大量生産・安定品質という供給面にスポットがあたっていました。しかし、近年はお客さまの好み、満足が多様化。メーカー側も品種充実と、さらなる付加価値の付与が求められています。

あるお客さまは「クオリティ」の高さを求め、またあるお客さまは「デザイン」を追求する。というように、お客さま自身それぞれが培った厳しい選択眼で商品を探し求めていくのです。そんな時流のなかで我々はメーカーとして、お客さまの厳しいフィルターを通してモノづくりをすることこそが、時代の求める価値感にマッチしていると考えています。

「コクヨデザインアワード」は、このような時代が求めるさまざまなニーズをしっかりと理解したうえで、それを世の中に商品として送り出すために企画された、いわば消費者の声を代弁するアワードです。 価格軸や機能軸だけに拠らず、デザインという魅力的な価値軸を構築する。「 コクヨデザインアワード」は、これからも時代やユーザーが求めるモノづくりを目指すために、時代にマッチしたテーマで企画・実施をしてまいります。

代表取締役会長 黒田章裕